トレードするなら「いまが最も高値だ」とMLB公式が見解。大谷翔平ほど「市場で即座に注目を集める選手はいない」

トレードするなら「いまが最も高値だ」とMLB公式が見解。大谷翔平ほど「市場で即座に注目を集める選手はいない」

現地で去就に対する関心が高まっている大谷。そんな偉才の今後について、MLB公式のベテラン記者が見解を明かした。(C)Getty Images

現地時間8月2日にデッドラインを迎える今季のトレード市場。そのなかで小さくない注目度を誇っているのが、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平だ。

【動画】大谷翔平が投打で躍動! アストロズ戦の“101マイル剛速球&2点タイムリー三塁打”をチェック

 2023年シーズン終了後にフリーエージェント(FA)となる大谷だが、依然としてエンジェルスとの契約延長オファーにサインをしておらず、現地でトレードの可能性が囁かれ続けている。各球団のさまざまな思惑が交差するなか、7月21日には、MLB公式サイトもこの話題に触れた。

 記事を執筆したのは、ベテラン記者のマーク・フェインサンド氏。トピック内ではまず、現球界における彼の存在について、「アメリカン・リーグのMVPに輝いた2021年シーズンに続き、今年も華々しい活躍を見せるオオタニほど、トレード市場で即座に注目を集める選手はいないだろう」と綴っている。
 この1か月間に出場した直近21試合では、4本塁打、11打点、OPS.883をマーク。4試合に先発した投げても、4勝0敗、防御率0.34という圧巻の数字を残している。こうした活躍を踏まえ、「エンジェルスの現状を考えると、いまが最も高値になるかもしれない」との見解もなされた。

 最後に、“フィットする可能性がある”球団として、ニューヨーク・メッツ、サンディエゴ・パドレス、ニューヨーク・ヤンキースの3つが挙げられたが、はたして今後、どのような展開となるだろうか。その動向から目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「大谷の活躍は史上最も素晴らしいストーリーだ」米国人で誰よりも近くで大谷を見てきた記者が語る“SHO-TIME”の真実<SLUGGER>

【関連記事】「連敗ストッパー」投手・大谷翔平が凄すぎる。“投手一本”でも一流の域で、防御率は驚異の0.32!<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?