4年前には2三振で取材拒否。大谷翔平を敬うからこそ負けられなかったブレーブス主砲の意地「オオタニは違う。彼は本物」

4年前には2三振で取材拒否。大谷翔平を敬うからこそ負けられなかったブレーブス主砲の意地「オオタニは違う。彼は本物」

大谷(右)の甘く入ったスプリットを打ち砕いたオルソン(左)。その会心の当たりは、チームの猛打の呼び水となった。(C)Getty Images

“顔も見たくない相手”を、ついにそのバットで粉砕した――。

 現地時間7月22日、本拠地でロサンゼルス・エンジェルスを迎え撃ったアトランタ・ブレーブスが8対1で快勝した。スコアからは誠に信じがたいが、エンジェルスの先発はここまで6連勝中だった大谷翔平から、わずか1イニングで6得点の猛打をお見舞いし、KOしたのである。

 もっとも、試合序盤の展開は投手戦だった。この日の大谷は相変わらずの剛速球に、スライダー、スプリッターが冴えわたり、昨年世界一の強豪ブレーブスを6回までわずか1安打に抑えていた。しかし7回、これまで通算15打数1安打6三振と封じ込めていたマット・オルソンに、豪快な2ランを被弾。ここから堰を切ったように28歳のサムライは崩れ、6点を失った。

 やはり試合のキーポイントとなったのはオルソンとの対戦だ。カウント0-1から投じたスプリッターが落ち切らなかったところを、左打席のスラッガーが見事に捉えた。試合前の取材にて、オルソンは大谷のスプリッターについてこう表現している。
 「自分が見てきたなかでも最高級の代物だと思う。あれだけ自分の思い通りにスプリッターを投げられるピッチャーはいないよ。多くの選手がスプリッターを投げるようになったけど、それらはたいていチェンジアップに近いものだ。でもオオタニは違う。彼は本物のスプリッターを投げるんだ」

 昨年までオークランド・アスレティックスに在籍していたオルソンは、同地区にいた大谷にまったく手が出なかった。過去5年間で30本塁打超えが2度、昨年は39発を放ってオールスターに選ばれた選手が、である。それだけに、28歳のスラッガーが口にした大谷のスプリッターに対する称賛、いや畏怖とも受け取れる言葉は、“重み”がある。

 時計の針を4年前の2018年4月8日に戻そう。この日、大谷はメジャー2登板目のアスレティックス戦に先発し、8回途中まで完全試合を演じるほど絶好調。一方、オルソンは3打席連続三振に打ち取れた。さらにこの1週間前、大谷のデビュー登板でも相対しており、3打数無安打2三振と完璧に抑えられていた。

 屈辱。オルソンは同日の試合後、球団を通して取材は受け付けないと宣言した。それもそうだろう。ビッグスターを巡ってはアメリカ以上に日本のメディアも殺到しており、コテンパンにやられた強打者に「大谷はどれだけ凄かったか」といった質問がされるのは明白だった。普段は明るい男の表情が曇るほど、大谷のことは本当に顔も見たくないほどだった。 ほとぼりが冷めた約1年後、オルソンは“普通”の状態に戻っており、改めて同じ左の強打者として大谷をどう捉えているのか訊いたことがある。

「打者・大谷」については、「どこからあのパワーが生まれるか分からない。左中間からセンター方向への打球が特に伸びるよね。間違いなく特別な選手だ」と、オルソンほどのパワーヒッターが目を丸くするほど、大谷の怪力に惚れ惚れしていた。

 一方、答えたくないであろう「投手・大谷」についての言葉は短いものだった。しかし同時に、最大限の敬意がそこにあった。
 「投手としてのオオタニは……」。オルソンは過去の対戦を振り返るように間を取ってこう続けた。「自分が今まで対戦した中でもかなり凄いレベルだった。99マイル(約160キロ)の4シームに、僕がこれまで見た中で最高のスプリッターを投げるよね」

 あれから数年後、オルソンは「最高」「本物」と称賛してやまない大谷のスプリッターから見事な2ランを放って見せた。熱狂するホームのファンに対し、彼はいつも通りクールにダイヤモンドを一周していた。しかしその表情には、喜びと、確かな自信がたたずんでいた。

取材・文●SLUGGER編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「オオタニは凄すぎる」レッドソックス主砲が大谷翔平のMVPを確信! ジャッジらとの争いに「5年先は無理だ」と持論

【関連記事】「もう議論はやめよう」大谷翔平のMVP受賞は決定的!? 米識者たちが“当たり前の二刀流”に持論「しっかり評価してほしい」

関連記事(外部サイト)