【オールスター珍プレー3選】「真剣勝負」か「お祭り」か――名将の“価値観の相違”で幻になったイチローvs松井の黄金対決

【オールスター珍プレー3選】「真剣勝負」か「お祭り」か――名将の“価値観の相違”で幻になったイチローvs松井の黄金対決

1996年のオールスターで投手として登板したのは、なんとイチロー。この采配にセを率いた野村監督は……。写真:産経新聞社

7月26、27日に開催されるプロ野球のオールスターゲーム。日本野球界の実力者が集う球宴は、これまで数多くのドラマが繰り広げられてきた。そのなかでも野球ファンを大いに盛り上げ、今なお語り継がれているプレーがある。今回は珍プレーを3つ紹介する。

―――◆―――◆―――

▼オールスターは「真剣勝負」か「お祭り」か? 1996年の球宴で交錯した2人の名将の価値観

 1996年のオールスターで起こった対決は、今も歴代有数の珍場面として伝承されている。7月21日の第2戦、7対3とリードした全パの仰木彬監督(オリックス)は、9回表2死ランナーなしの場面で、ライトのイチローをマウンドに上げた。全セの次打者は松井秀喜。イチローvs松井の黄金対決に、東京ドームに詰めかけたファンは喝采を送った。

 だが、この仰木采配にムッとしていたのが、全セの野村克也監督(ヤクルト)だった。

 いかにイチローが140キロ後半の速球を投げられるといえども、本職は野手なのだから「打たれて当たり前」。逆に松井が打ち取られればプライドが大いに傷つくとあって、代打に投手の高津臣吾を送り、対決は幻に終わった。
  ノムさんいわく「オールスターは格式ある真剣勝負の場」。この姿勢は現役時代から一貫していた。何しろ、自分の通算本塁打記録を抜いた王貞治には絶対に打たれたくないと真剣にリードして、30打席連続無安打に抑えたほどの人だ。王の球宴通算打率が.213の低さなのは、ノムさんの配球の賜物と言ってもいい。

 一方、仰木監督は「オールスターはお祭り」、ファンサービスの場だと考えていたのではないか。90年の球宴で指揮を執った際には、当時新人ながら快投を連発していた野茂英雄を、第1戦ではリリーフ、第2戦では先発と連投させている。

 とは言っても、イチローを登板させたのは決しておふざけではないはず。後年には、萩原淳をはじめとする3人の野手を投手に転向させた実績もある。お祭りとは言いつつも、仰木監督なりの思惑が込められた采配だったに違いない。▼オールスター史上初のランニング本塁打を達成した鈍足選手

 MLBオールスターゲームでは、07年のイチローだけが記録しているランニングホームラン。日本の球宴に目を移すと達成者は4人いる。もちろん、イチローのように俊足の打者ばかり……と思いきや、鈍足が代名詞のような選手も記録している。1970年の遠井吾郎(阪神)だ。

“仏のゴローちゃん”の異名があったこの遠井は、大らかな性格を体現するようなぽっちゃり体形。いつも巨体を揺らしながら、えっちらおっちら走っていた。当然、ランニング本塁打なんてプロ生活どころか、生涯でも打ったことがなかった。

 だが、広島市民球場で行なわれた70年のオールスター第3戦で奇跡が起こる。4回2死一、二塁の場面で代打に出た遠井は、ライト線に火の出るような当たりを放つ。「タイムリーツーベースだ!」と全セのベンチは大喜びしたが、ライトを守っていたジョージ・アルトマン(当時ロッテ)が、芝生に足を取られて転倒。しかもその際に左肩を強打したため、痛みで起き上がれなくなってしまった。

「これぞ生涯唯一のチャンス!」とばかりに、遠井は激走。必死になってダイヤモンドを1周し、見事史上2人目のランニング本塁打を成し遂げた。快挙後の感想は、肩で息をしながら「死ぬかと思った」であった。一世一代の快走に全セベンチは爆笑で祝福した。
 ▼「代打・野茂!」が実現したのはファンサービスじゃなかった?

 97年にイチローが登板した際、「真剣勝負なのに」と憤った野村監督によって「代打・高津」がコールされた話は前述したが、その6年前の91年の球宴でも、実は投手が代打として送られたことがあった。

 7月24日、広島市民球場で行われた第2戦は、セ・パ両軍が一歩も譲らず、延長戦に突入する死闘となった。12回表、2死一塁の場面で打席に立った秋山幸二(西武)が、自打球を右目に当ててプレー不可能に。当然、全パの森祇晶監督(西武)は代打を出そうとしたが、すでにベンチ入りの野手をすべて使い果たしてしまっていた。

 そこで森監督は特例措置として、すでに出場済の佐々木誠(ダイエー)の再出場を認めてほしいと申し入れた。全セの藤田元司監督(巨人)は快諾したが、審判団が拒否。「ルールを曲げるわけにはいかない」と頑として聞き入れなかった。

 となれば、出場していない投手を代打として出すしかない。そこでコールされたのが野茂英雄(近鉄)だった。当然ヘルメットなんか持ってない野茂は、オリックスのヘルメットをかぶって苦笑いしながら登場。すでにカウントは2-2だったので、野茂は最後の1球を見送って無事(?)三振に倒れた。

 だが、この珍プレーには続きがある。12回裏の守備で、全パは秋山に代わるレフトに、やむなく投手の工藤公康(西武)を起用。しかも、2死から運悪く左中間にフライが飛んだ。よせばいいのに工藤はこの打球を追いかけ、センターの愛甲猛(ロッテ)に危うく激突しそうになるドタバタ劇(打球は愛甲がキャッチ)。試合はこれでゲームセット、すったもんだの末、3対3の引き分けに終わった。

文●筒居一孝(SLUGGER編集部)

【関連記事】【2022ドラフト候補ランキング|1~10位】トップ2は矢澤&蛭間で変わらず。日本文理・田中も“二刀流”に可能性を秘める<SLUGGER>

【関連記事】巨人は中田翔と増井の“元大物トレード”を狙うべし?躍進中の阪神が獲得すべきは?――2022プロ野球トレード試案<SLUGGER>

【関連記事】新庄日本ハムの「強み」と「弱点」。積極性が増した打線は長打力増も、先発4番手以降に課題<SLUGGER>
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?