「ホームラン狙いたいと思います」西武・山川穂高、球宴で“有言実行”の豪快弾!福岡のファンと「どすこ~い」

「ホームラン狙いたいと思います」西武・山川穂高、球宴で“有言実行”の豪快弾!福岡のファンと「どすこ~い」

宣言通り球宴でホームランを放った山川。写真:徳原隆元

見事な“有言実行”を果たした。

 7月26日、西武の山川穂高がPayPayドームで行なわれた『マイナビオールスターゲーム2022』の第1戦に全パ「4番・ファースト」でスタメン出場。2回にオールスター第1号ソロホームランを放ち、チームの勝利に貢献した。

【PHOTO】ベルーナドームを華やかに彩る西武ライオンズ公式パフォーマンスチーム「bluelegends」を特集!

 0対2と2点ビハインドで迎えた第1打席だった。2回無死走者なしの場面で、全セ先発・青柳晃洋(阪神)と対峙した山川は、カウント1-1から投じられた3球目のツーシームを完璧に捉える。打った瞬間、山川は確信歩きを披露。打球はレフトスタンドへ吸い込まれていった。

 球場は大歓声と拍手が沸き起こる。山川がゆっくりとダイヤモンドを一周すると、ベンチではお決まりの「どすこ~い」。福岡のファンとともに喜びを分かち合った。

 試合前には、西武ライオンズの公式ツイッターにキングはこうコメントを寄せていた。

「これだけのメンバーがいる中で4番を任せてもらえるのは嬉しいですし、ホームラン狙いたいなと思います」
  なお、9回に清宮幸太郎(日本ハム)がサヨナラ弾を放ち、チームは3対2で逆転勝利。明日、松山・坊っちゃんスタジアムで開催される第2戦に出場できるのであれば、山川は「またホームラン狙いたいなと思います」と意気込んでいる。

構成●THE DIGEST編集部

【オールスター好プレー3選】江夏豊の有言実行の「9者連続三振」、王貞治を苦しめた野村克也、新庄剛志の“お祭り男”ぶり

【オールスター珍プレー3選】「真剣勝負」か「お祭り」か――名将の“価値観の相違”で幻になったイチローvs松井の黄金対決 

【関連記事】西武・オグレディ、実は“鉄道好き”だった!SNSでその理由を明かす「飛行機は怖くないよ」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?