「何より疲れました」西武のサブマリン・與座海人がプロ5年目で“初完投&初完封”!辻監督からは「最後まで行け」

「何より疲れました」西武のサブマリン・與座海人がプロ5年目で“初完投&初完封”!辻監督からは「最後まで行け」

チームトップの8勝目を挙げた與座。ホッとした表情を見せた。写真:THE DIGEST編集部

7月30日、西武の與座海人は敵地で行なわれたソフトバンク戦に先発出場し、9回(112球)を投げ、被安打7、5奪三振、無四球と好投。プロ5年目で、自身初完投&初完封勝利を飾った。

【動画】プロ“初完封&初完投”を飾った與座海人!9回を投げ切ったメモリアルな瞬間をチェック

 前日の試合では、ソフトバンクに勝利し、首位に浮上した西武。チームの期待を背負ってマウンドに上がったサブマリン右腕は、初回から連打を浴び、1死一、三塁のピンチを招くも、4番・デスパイネを4-6-3の併殺打に打ち取る。5回にも2死一、二塁と得点圏にランナーを背負うも、無失点で乗り切った。
 
 続く6回以降も落ち着いた投球を披露。8回を抑えたあと、辻監督からは「最後まで行け」と背中を押してもらったと明かした與座。指揮官の熱いエールを受け取った26歳は、9回を投げ切り、試合終了。6対0でソフトバンクを下し、チームトップの8勝目をマークした。

 試合後のインタビューで與座は、「非常に嬉しいですし、何より疲れました」と胸中を吐露。捕手の森友哉が工夫してリードしてくれたおかげで、良いピッチングができたと今日の投球内容を振り返ると、続けてファンに向けてこうメッセージを送った。
 「初回から打線に援護をしていただいて、いい流れで入っていくことができて、今日も勝つことができました。ファンの皆さんも非常に熱い声援ありがとうございます。またこれから頑張ります。よろしくお願いします」

 後半戦を迎え、早くも首位の座を掴んだ西武。ここから、さらに獅子の勢いが増すか――。

構成●THE DIGEST編集部

【前半戦通信簿|西武】積年の課題だった投手力が劇的改善! 山川が孤軍奮闘するチームの逆転優勝の条件は?<SLUGGER>

【関連記事】ボールはどこにいった!? 西武・愛斗が前代未聞のエンタイトル2塁打! 打球はまさかのフェンス上にピタリ

【関連記事】「真っすぐだけじゃ無理です」佐々木朗希、球宴の日本人最速162キロをマークも3連打食らい「変化球投げたかった」と本音ポロリ

関連記事(外部サイト)