「なんら衝撃的ではない」米移籍専門サイトが大谷翔平の“残留”に見解!ヤンキースらのオファーも「どれだけ真剣だったか分からない」

「なんら衝撃的ではない」米移籍専門サイトが大谷翔平の“残留”に見解!ヤンキースらのオファーも「どれだけ真剣だったか分からない」

この夏はエンジェルスに残ることが決定的となった大谷。ヤンキースやホワイトソックスといったプレーオフ進出も狙える球団からのオファーが成立しなかった理由はなんだったのか?(C)Getty Images

今夏は残留が決定的となったようだ。現地時間8月1日、米紙『New York Post』は、ロサンゼルス・エンジェルスは大谷翔平を8月2日(現地時間)の期限までにトレード放出せず、チームに残す方針を固めたと報じた。

 同紙の敏腕記者ジョン・ヘイマン氏のレポートによれば、大谷の獲得には水面下でニューヨーク・ヤンキースをはじめとする複数球団と交渉を開始。ただ、マイク・トラウトとアンソニー・レンドーンら主力が相次いで故障欠場を余儀なくされているチーム状況もあり、エンジェルスは大谷残留を決意したようだ。

 無論、球界屈指の天才プレーヤーの動向は小さくない話題だ。現地の複数メディアもさまざまな反応を見せた。そのなかでMLBのありとあらゆる移籍情報を発信する米専門サイト『MLB Trade Rumors』は「オオタニが残留するという一報はなんら衝撃的ではない。エンジェルスが『トレードの話を聞いている』という報道があったときでさえ、取引が成立する可能性はまだ低いと思われていた」と説いた。
  今季のアメリカン・リーグ西地区で4位に沈んでいるエンジェルス、さらに23年シーズン終了時にFA(フリーエージェント)となる大谷、双方の状況から「スーパースターに対するオファーに耳を傾けることは理にかなっていた」。しかし、同サイトは「オオタニの前例のない貢献度を考えると、大規模なパッケージが必要になった」とする。そのうえで、ヤンキース、サンディエゴ・パドレス、シカゴ・ホワイトソックスからのオファーは、エンジェルスの“高い要求”には見合わなかったとした。

 いまや投打で唯一無二の存在となっている大谷。そんな大黒柱が抜ければ、完全にチームは瓦解する。そのリスクをエンジェルス首脳陣は恐れたと言えるのかもしれない。同サイトも「エンジェルスがどれだけ真剣に交渉をしていたかは分からない」と指摘している。

 ただ、大谷が23年シーズン終了後にFAになる事実は変わらない。ゆえに今冬のオフで行なわれる契約延長交渉が滞れば、1年後にはトレードの噂が今夏以上にヒートアップしそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】大谷よりむしろトラウトをトレードに出すべき? 過去のスーパースター放出例から考える「エンジェルスの今後」<SLUGGER>

【関連記事】オフのFA補強もマッドン監督解任の決断もことごとく失敗。エンジェルスの低迷を招いたミナシアンGMの“失策”<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?