【トレード・デッドライン総まとめ|ナ・リーグ】パドレスが若手最強打者ソトと最強守護神をゲット!ブレーブスはじめ東地区3球団も積極補強に動く<SLUGGER>

【トレード・デッドライン総まとめ|ナ・リーグ】パドレスが若手最強打者ソトと最強守護神をゲット!ブレーブスはじめ東地区3球団も積極補強に動く<SLUGGER>

ソト(左)&ヘイダー(右)を獲得したパドレス。ナ・リーグでは多くの球団が積極的に動いた。(C)Getty Images

現地8月2日、メジャーリーグはトレード・デッドラインを迎え、例年通り、締め切り直前になって数々の大物が動く激しい1日となった。果たしてどの選手がどのチームへ移籍したのか、主な動きをまとめていこう。
※★印=今オフFA(オプション含む)

【ブレーブス】
●ライセル・イグレシアス(RP←エンジェルス)
●ジェイク・オドリッジ★(SP←アストロズ)
●ロビー・グロスマン★(OF←タイガース)

【メッツ】
●ダリン・ラフ(1B←ジャイアンツ)
●マイケル・ギブンス★(RP←カブス)
●タイラー・ネイクイン★(OF←レッズ)
●ダニエル・ボーゲルバック★(1B←パイレーツ)

【フィリーズ】
●ノア・シンダーガード★(SP←エンジェルス)
●デビッド・ロバートソン★(RP←カブス)
●ブランドン・マーシュ(OF←エンジェルス)
●エドマンド・ソーサ(SS←カーディナルス)

【ブルワーズ】
●タイラー・ロジャース(CL←パドレス)
●マット・ブッシュ(RP←レンジャーズ)

【カーディナルス】
●ジョーダン・モンゴメリー(SP←ヤンキース)
●ホゼ・キンターナ(SP←パイレーツ)

【ドジャース】
●ジョーイ・ギャロ★(OF←ヤンキース)
●クリス・マーティン★(RP←カブス)

【パドレス】
●ホアン・ソト(OF←ナショナルズ)
●ジョシュ・ヘイダー(RP←ブルワーズ)
●ジョシュ・ベル★(1B←ナショナルズ)
●ブランドン・デュルーリー(UT←レッズ)
  今年の夏のトレード市場では、大谷翔平(エンジェルス)とホアン・ソト(ナショナルズ)の動向が最も注目を集めていた。大谷に関しては少なくとも今夏の移籍可能性は低いと言われていたが、ソトはナショナルズからの15年4億4400万ドル(約582億円)の延長契約を断ったことで、移籍確実とみられていた。

 23歳の天才打者をめぐってはドジャース、カーディナルス、パドレスらが熱視線を送っていたが、最終的に争奪戦を制したのはパドレスだった。

 元球界屈指の有望株投手マッケンジー・ゴア、俊足遊撃手のCJ・エイブラムス、外野手のロバート・ハッセルら複数のトップ・プロスペクトを含む計6名を放出し、トレードが成立。さらに、弱点の一塁にも大砲ジョシュ・ベルを加えることにも成功し、フルシーズンでは2006年以来のプレーオフ進出に向けて大きく前進した。

 パドレスは1日にも球界屈指の守護神ジョシュ・ヘイダーも補強。ヘイダーは7月に入って異常なまでに調子を落としているが、本来の調子を取り戻せばこれも大きなグレードアップ。少なくとも現時点では「今夏のデッドライン・トレード最大の勝者」と言ってもいいだろう。

 ソトの争奪戦に敗れたドジャースは、大谷獲得も狙っていたがこちらも頓挫。昨年、マックス・シャーザー(現メッツ)やトレイ・ターナーらを補強したことを思えばかなり小幅な補強にとどまっている。もっとも、現時点ですでに充実の戦力を誇っており、依然としてリーグ優勝最有力候補であることに変わりはない。

  昨年、4人の外野手を途中補強して世界一へつなげたブレーブスは今年も積極的に動いた。高出塁率の外野手グロスマンを獲得すると、昨年ワールドシリーズ胴上げ投手のスミスを放出して先発右腕をオドリッジをアストロズからゲット。さらに、トレード期限終了2分前に、スミスの穴埋めとしてエンジェルスの守護神イグレシアスを得た。通算374セーブのケンリー・ジャンセンとイグレシアス(156セーブ)の“500セーブ”・リレーで再び頂点を取りに行く。

 同地区のメッツとフィリーズも負けじと補強を展開。大谷の獲得候補球団に挙げられていたメッツは大物取りこそなかったが、左キラーのラフと右キラーのボーゲルバックらピンポイントで戦力を底上げした。ちょうどこの日にエースのジェイコブ・デグロムが戦線復帰しており、“真の補強”はむしろこちらかもしれない。
  首位メッツから10.5ゲーム差をつけられるも、ワイルドカード3位につけるフィリーズは、エンジェルスからノア・シンダーガードとブランドン・マーシュ、カブスから抑えのデビッド・ロバートソンを獲得した。こちらもディファレンス・メーカーと呼べるほどの大物は手にしていないが、課題のセンターにマーシュをあてがう的確な補強で上々の評価を得ている。

 一方、“動かなかった”のがカブスだ。オフにFAとなる大型捕手のウィルソン・コントレラス、オールスターに選出されたイアン・ハップの放出確実と見られていたが、両者とも残留。期待されていた若手有望株の獲得もなく、「今夏トレード市場の負け組」との声も上がっている。

 少なくとも、現時点ではパドレスが圧倒的な「勝ち組」に挙げられているが、もちろん最終的な成否が決まるのははこれから。ソト、ヘイダーらが期待通りに活躍するのか。残りシーズンの戦いから目が離せない。

構成●SLUGGER編集部

【関連記事】【トレード・デッドライン総まとめ|ア・リーグ】大谷翔平を逃したヤンキースは投打にバランスの取れた補強を展開! マリナーズは大物先発投手獲得に成功 <SLUGGER>

【関連記事】日本で言えば“村神様”が途中放出されるほどの衝撃。600億円オファーを蹴った天才スラッガーが「史上最大級のトレード」で新天地パドレスへ<SLUGGER>

【関連記事】シンダーガード、イグレシアス、マーシュを放出したエンジェルス。イグレシアスの不良債権化阻止はメリットだが、戦力的な見返りは微妙<SLUGGER>
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?