根尾昂がプロ初被弾。ヤクルト・サンタナの容赦なしの一発も、“守乱”に同情の声が殺到してトレンド入り

根尾昂がプロ初被弾。ヤクルト・サンタナの容赦なしの一発も、“守乱”に同情の声が殺到してトレンド入り

13試合目にしてプロ初被弾を喰らった根尾。守備の乱れからリズムを大きく崩した。写真:徳原隆元

根尾昂(中日)が8月3日のヤクルト戦で手痛い一発を喰らった。

 2対3と1点ビハインドの2回、試合開始早々に2番手としてマウンドを託された根尾は4人を13球で切り抜けると3回も続投する。だがここからが災難続きだった。

 先頭の山田哲人を外野フライに打ち取ったのだが、なんとセンターの大島洋平とレフトのガルシアがお見合いして落球。続けて前日の5打席連続本塁打という偉業をやってのけた村上宗隆を迎えるも、ここはフォークでショートゴロに仕留めた……かに思われたが、今度は土田龍空の悪送球でゲッツーを奪い損ねて無死一、二塁のピンチとなった。

【動画】守備のエラーも容赦なし!根尾のストレートを打ち砕いたサンタナをチェック

 ここでサンタナが打席に。初回に本塁打を放っていた助っ人スラッガーは、根尾が投じた渾身の149キロのストレートを強振。大きな弧を描いた打球は、あっという間に右翼席に着弾した。

 容赦ないサンタナのアーチにDAZNで中継を行なった実況の竹下陽平氏は「根尾のストレートを打ち砕きました」と驚きをもって伝えたうえで、「相手のミスに乗じて3回の裏、一挙3点」と説明した。
  5試合連続パーフェクトリリーフの快投を続けていた根尾だったが、守備の乱れでリズムを崩し、手痛い一発を受ける格好になった。その後2本の安打を許したが、その後は本来の調子を取り戻し、2回被安打4、3失点(自責2)、2奪三振を記録している。

 今シーズン途中に投手に転向後13戦目にして、足を引っ張られる形でホームランを受けた根尾には、ネットでは同情の声が殺到。一時は「根尾くん」というワードがTwitterのトレンド入りしていた。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】日本新記録5打席連続ホームラン! 偉業を達成した燕の主砲・村上宗隆を特集

【関連記事】「嘘だろ…」村上宗隆、5打席連続アーチ!日本新記録に驚きの声「もうこの男は手が付けらない」

【関連記事】「なんて怪物的シーズンなんだ」村上宗隆の“3打席連発”にMLB記者も「逆方向にこのパワーとは」と感銘!

関連記事(外部サイト)