勝ち越し2ランの相手捕手が「本当に優秀だ」と大谷翔平に敬意! チームの勝因を分析「失投につけこむことができた」

勝ち越し2ランの相手捕手が「本当に優秀だ」と大谷翔平に敬意!  チームの勝因を分析「失投につけこむことができた」

大谷(左)から決勝2ランを放ったマーフィー(右)は、今回の対戦をどのように振り返ったのか。(C)Getty Images

相手捕手が“勝ち越しの一発”を振り返っている。

【動画】ピッチングニンジャも「えげつない」と絶賛! 大谷が投じたスプリッターをチェック

 現地時間8月3日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地オークランド・アスレティックス戦に「2番・DH兼投手」で先発。5回2/3(99球)、3失点(自責2)、7被安打、7奪三振で今季7敗目(9勝)を喫し、打っても3打数無安打と振るわなかった。

 初回、2回こそ三者凡退と上々の立ち上がりだった大谷だが、4回には、三塁手のエラー、暴投で無死二塁とピンチを招き、3番ショーン・マーフィーのライト前タイムリーで先制点を献上。チームが1対1に追いついた6回の無死一塁でも、マーフィーに決勝2ランを浴びた。
 MLB公式サイトによると、マーフィーは試合後、大谷との対戦について、「彼は本当に優秀だから、すべての投球を見極め、投げさせていかなければならない」とコメント。「彼を少しでも消耗させなければならないんだ。我々は投球を見極め、何度かあった失投につけこむことができた」と勝因を分析した。

 なお、試合はアスレティックスが3対1で勝利。エンジェルスは、前日に続く連勝を収められなかった。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「大谷のトレード価値は今後下落するだろう」現地メディアがエンジェルスを夏の移籍市場の“負け組”に挙げる理由<SLUGGER>

【関連記事】「エンジェルスの最大の問題はオーナーだ」再建不可避のチームがそれでも大谷翔平をトレードできない最大の理由<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?