【7月の投打部門別ベスト3:セ・リーグ】村上は7月も月間MVP確実?投手部門は好調の阪神勢が席捲<SLUGGER>

【7月の投打部門別ベスト3:セ・リーグ】村上は7月も月間MVP確実?投手部門は好調の阪神勢が席捲<SLUGGER>

村上(左)は6月に続いてOPSリーグ1位。クローザーに転向した岩崎(右)はセーブ王獲得も視野に入る。写真:THE DIGEST写真部

【野手】
●OPS ※60打席以上
村上宗隆(ヤクルト) 1.213
中田翔(巨人) 1.134
マクブルーム)広島) 1.071

 村上は3・4月から毎月.980以上の高水準。6月に続いて野手部門の月間MVP受賞は確実だ。現在、シーズン通算では1.174で、プロ野球史上6人目の「年間1.200台」も射程圏内に入る。中田とマクブルームはともに新型コロナ陽性判定が出てオールスター前に離脱を強いられたが、それまでの猛打はすさまじかった。マクブルームは特に巨人戦に強く、6試合で打率.417、3本塁打、9打点と爆発した。

●打率
1.岡林勇希(中日) .375
2.中田翔(巨人) .373
3.佐野恵太(DeNA) .365

 高卒3年目の岡林は19試合中16試合でヒットを放ち、6月終了時点で.259だった打率は1ヵ月で.282にまで上昇した。中田は7月17日から3試合連続で猛打賞&本塁打と大爆発。それだけに、直後に新型コロナ陽性判定で離脱を強いられたのは気の毒だった。佐野はシーズン通算でも打率トップに立ち、2度目の首位打者が見えてきた。

●安打
1.岡林勇希(中日) 27
1.佐野恵太(DeNA) 27
1.大島洋平(中日) 27

 1、2番コンビを組む大島と岡林は仲良くリーグ最多タイの27本ずつ。にもかかわらず、チームの7月の月間得点数は12球団ワーストの58。テーブルセッターの出塁を生かせなかった。佐野は27安打中長打が9本(二塁打4、三塁打1、本塁打4)と主砲としての役割も全う。ちなみに岡林は6本、大島は3本でいずれも本塁打はなかった。
 ●本塁打
1.村上宗隆(ヤクルト) 8
2.中田翔(巨人) 5
3.マクブルーム)広島) 5
3.大城卓三(巨人) 5

 6月に14本塁打を量産した村上は、さすがに少しペースが落ちたものの、7月も8本。31日の阪神戦では3打席連続弾を放った(8月2日の中日戦でも2本を追加し、5打席連続弾の日本記録を樹立)。5・6月は32試合で1本塁打の大城は、月間打率1割台ながら3試合連続を含む5本を量産。中田同様、コロナ陽性判定で離脱したのが残念だった。

●打点
1.ビシエド(中日) 17
1.村上宗隆(ヤクルト) 17
3.マクブルーム(広島) 16
3.秋山翔吾(広島) 16

 ビシエドは広島戦6試合で11打点を荒稼ぎ。特に29日のマツダスタジアムでの一戦では3本塁打&5打点の爆発で勝利に貢献した。秋山は7月8日の日本復帰第1戦目からしばらくは精彩を欠いていたが、22日以降の5試合で打率.556、2本塁打、9打点と爆発。アメリカではついぞ見せられずじまいだった猛打を発揮している。

●盗塁
1.近本光司(阪神) 6
2.大島洋平(中日) 4
2.吉川尚輝(巨人) 4

 6月だけで10盗塁を荒稼ぎした塩見泰隆(ヤクルト)が7月は2つだけ。これに対して7月は近本がリーグ最多6盗塁を決め、シーズン通算でも20として塩見(22)に迫る勢いだ。6月までの52試合ではわずか1盗塁だった大島も、7月は4盗塁を記録するなどベテラン健在をアピールしている。【投手】
●防御率 ※20イニング以上
1.ガンケル(阪神) 0.00
2.西勇輝(阪神) 0.66
3.高橋宏斗(中日) 0.84

 ガンケルは3試合とも日曜日の甲子園に登板し、20イニングを無失点。奪三振は少ないが、ゴロを打たせる丁寧な投球が際立つ。6月は防御率5.94と不振だった西勇も、27.1回で自責点2と復調。シーズン通算の防御率はチームメイトの青柳晃洋に次いでリーグ2位につけている。高橋は29日の広島戦で8回途中までノーヒッターの快投。勝ち星には恵まれていないが、高卒2年目とは思えない投球を続けている。

●勝利
1.西勇輝(阪神) 3
1.青柳晃洋(阪神) 3
1.伊藤将司(阪神) 3
1.森下暢仁(広島) 3

 最大16あった阪神の借金帳消しに大きく貢献したのが先発投手陣。7月は西勇、青柳、伊藤が各3勝。防御率はそれぞれ0.66、1.00、1.17と3人とも抜群の投球内容で、伊藤は7月14日に対巨人戦2試合連続完封という偉業をやってのけた。開幕からいまひとつの投球が続いていた森下も、7月は4試合で3勝0敗、防御率2.28。再び三振が奪えるようになってきたことも好材料だ。

●奪三振
1.高橋宏斗(中日) 28
2.浜口遥大(DeNA) 24
2.森下暢仁(広島) 24

 高橋は21.1投球回で28三振を奪い、9イニング平均では実に11.81。2位の浜口、森下はいずれも多くの三振を奪っているとはいえイニング数よりは少ない。平均150キロを超えるストレートと切れ味鋭いスプリットのコンビネーションは威力抜群で、昨季は二軍で0勝、防御率7点台に終わった投手とは思えない投球を披露している。
 ●投球回
1.森下暢仁(広島) 27.2
2.西勇輝(阪神) 27.1
2.浜口遥大(DeNA) 27.1

 森下はシーズン通算でも126.2投球回でリーグ最多。昨季はリーグ2位の163.2回を投げ、東京五輪にも出場した。無尽蔵のスタミナには恐れ入るばかりだが、勤続疲労も懸念されるところではある。制球に課題を抱える浜口は、7月は27.1回で与四球わずか6つ。余計な走者を許さなかったことが長いイニングを可能にした。

●セーブ
1.岩崎優(阪神) 8
2.R・マルティネス(中日) 7
3.栗林良吏(広島) 5
3.山﨑康晃(DeNA) 5

 昨季まで通算3セーブだった岩崎は7月8セーブ、前半戦だけで22セーブを稼ぎ、シーズン通算でもR・マルティネスと並んでリーグ3位タイ。1位のマクガフ(ヤクルト)とは3セーブ差で、タイトル奪取の可能性も十分ある。4月1日から28試合連続無失点を続けていたR・マルティネスは7月16日の阪神戦で3ヵ月半ぶりの失点。31日の広島戦でも1点を許したが、月間7セーブを稼いだ。

●ホールド
1.エスコバー(DeNA) 8
2.湯浅京己(阪神) 7
3.清水達也(中日) 7

 昨年10月に通算100ホールドを達成したエスコバーは今季もフル回転。7月は今季2度目の3日連投もこなし、5年連続50試合登板も間近に迫っている。2位の2人は、いずれも今季初めて一軍に定着した同い年(1999年生まれ)の若手右腕。湯浅は3・4月から毎月きっちり7ホールドずつを稼ぎ、シーズン通算でもリーグトップに立っている。清水は6月に防御率9.45と乱れたが、見事に立ち直った。

構成●SLUGGER編集部
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?