大谷翔平、左足の痛みに負けず今季100安打目に到達!エンジェルスは3対6で敗れる

大谷翔平、左足の痛みに負けず今季100安打目に到達!エンジェルスは3対6で敗れる

前日のダブルヘッダーでは快音なく、しかもこの試合では左足をスパイクされるトラブルがありながらも技ありの一打。シーズン100安打を見事クリアした。 (C)Getty Images

現地時間8月7日、ロサンゼルス・エンジェルスはシアトル・マリナーズ戦に3対6で敗れた。「2番・DH」で先発出場した大谷翔平は4打数1安打。3回に左足を負傷するも出場を続け、シーズン100安打に到達した。

 マリナーズの先発は大谷がやや苦手とするマルコ・ゴンザレス。初回の第1打席はアウトコースのカットボールを打たされてセカンドゴロに倒れる。

 アクシデントは3回の第2打席に入る直前に起こった。二塁ランナーのフィル・ゴスリンがテイラー・ウォードのヒットでホームへ突入する際、アシストのために本塁後方へ移動した大谷と、バックアップに入ったゴンザレスが接触。この時左足をスパイクされてしまい、大谷は苦悶の表情を浮かべた。痛みをこらえてそのまま打席に入ったものの、カットボールに翻弄されて空振り三振に倒れる。しかもチームはこの後のマリナーズの攻撃で一挙に4点を失い、0対5と大量リードされてしまう。
  5回2死走者なしの場面で迎えた第3打席も大谷はまだ痛そうだったが、カウント2-2からの5球目。外に逃げるカットボールを上手く捉え、見事にレフト前に運んで12打席ぶりのヒットを記録。これで2年連続3度目のMLBシーズン100安打に到達した。

 だが、大谷の苦心のヒットも得点にはつながらず。7回の第4打席もセカンドゴロに倒れた。この日は好調のデビッド・フレッチャーが、4回のタイムリー二塁打などで3打点を挙げたのがチームの全得点となり、マリナーズに3対6で敗れた。

構成●SLUGGER編集部
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?