マリナーズ投手は「足を壊したかと思った」と吐露。アクシデントに見舞われた大谷翔平の状態は大丈夫か?

マリナーズ投手は「足を壊したかと思った」と吐露。アクシデントに見舞われた大谷翔平の状態は大丈夫か?

アクシデントに見舞われたこの試合も最後まで出続けた大谷。接触プレーの際には、苦悶の表情を浮かべた。(C)Getty Images

敵地ながら球場に緊張が走る瞬間だった。

 現地時間8月7日に行なわれたシアトル・マリナーズ戦で、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が苦悶の表情を浮かべたのは、3回の第2打席に入る直前だった。

 二塁ランナーのフィル・ゴスリンがテイラー・ウォードのヒットでホームに突入する際、アシストのために本塁後方へ移動した大谷は、バックアップに入った相手先発投手マルコ・ゴンザレスと接触。左足をスパイクされてしまったのだ。

 その後、トレーナーが駆け付けて処置を受けた大谷は、苦痛に耐えながらもプレー。第3打席にはレフトへ12打席ぶりのヒットを放って出塁。2年連続3度目のMLBシーズン100安打に到達するなど、小さくない見せ場を作った。
  とはいえ、終始、痛みに堪えるような険しい表情をしていた大谷だけに、足の状態が気になるところ。試合後、エンジェルスを率いるフィル・ネビン監督代行は、「オオタニは大丈夫だ。足の甲にスパイクをされたが、問題ない」と語るにとどまった。

 一方で不可抗力ながら大谷の足を踏んでしまったゴンザレスは、地元紙『LA Times』などの取材で「僕がオオタニの足を壊してしまったかと思った」と接触した瞬間の心境を漏らしている。

「ハッキリ言って、気分は良くなかった。彼の足を壊したかと思ったからね。自分はクロスプレーになると思って、後ろ向きに下がっていたから、彼が来たのが分からなかった。それで上に乗ってしまった。一瞬嫌なことを考えたよ」

 現地時間8月9日に先発登板予定となっている大谷。ネビン監督代行は「大丈夫だ」と語ったものの、足の状態は引き続き経過を見る必要性がありそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「エンジェルスの最大の問題はオーナーだ」再建不可避のチームがそれでも大谷翔平をトレードできない最大の理由

【関連記事】グレインキーの息子と大谷翔平の“ほっこり”交流シーンが話題!222勝右腕から大谷へメッセージも「君のプレーを観るのが好きだ」

【関連記事】大谷よりむしろトラウトをトレードに出すべき? 過去のスーパースター放出例から考える「エンジェルスの今後」<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?