レギュラー固定か、それとも柔軟な選手起用か。初戦敗退の明徳義塾が直面した“甲子園のジレンマ”<SLUGGER>

レギュラー固定か、それとも柔軟な選手起用か。初戦敗退の明徳義塾が直面した“甲子園のジレンマ”<SLUGGER>

昨年夏にはベスト8まで進出した明徳義塾が初戦敗退。馬淵監督(写真中央)は選手たちと天をあおいだ。写真:塚本凛平

3大会連続出場の明徳義塾高が初戦で姿を消した。

 九州の雄・九州国際大付高と投手戦を演じて、1対2で惜敗。エースの吉村優聖歩は相手打線翻弄するピッチングを見せたが、エラーがらみの2失点を攻撃陣が跳ね返すことができずに力なく敗れた。

「吉村はよく投げたんじゃないかと思いますけど、打線が奮起して3、4点取ってやっていたら、吉村のナイスピッチングというゲームになっていたと思うんですけどね。こすったようなフライばっかり。あれが敗因だった」

 明徳義塾・馬淵史郎監督は淡々と試合を振り返った。
  昨夏も大活躍したエースの吉村は、さらに成長した姿を見せつけるピッチングだったが、相手エース左腕の香西一希もそれ以上に良かった。

 球速が140キロに満たないという点では吉村と似たタイプで、コーナーをうまくついていくピッチングが光った。左バッターにはカットボールをメインに攻め、右バッターにはチェンジアップ。ストレートが微妙に動くから厄介だった。

「高校野球の手本のようなピッチャー。140キロが出なくても打ち取れる。うちとしては140キロくらい投げるピッチャーの方が打てたんですけど、両方のタイプの投手の練習をやっておかないといけないということでしょうね」

 そんなサウスポーに対して、2番から6番まで左打者を揃えるなどしたのはチーム事情だ。本来は4番を打つはずの右打者・本田凪汐の調子がイマイチで、打順を下げたところ左が並んだ。とはいえ、代わりの4番・寺地隆成は2安打だったから、それだけが敗因ではないだろう。 ただ、かつての明徳義塾を思うと、これほどまでにあっけなく終わるのは意外でもあった。なかでも気になったのは、代打策を9回まで講じなかったことだ。

 その背景には、地方大会で控え野手の出場機会がなかったことがある。明徳義塾ほどの強豪であれば、高知県大会の序盤などで控えが出場したりするものだが、今年のチームはそれをしなかった。

 馬淵監督は苦しい胸の内をこう語る。

「組み合わせが非常に厳しく、全員を使ってやれるようなゲームが少なかったんですよね。いつもなら1〜2回戦はちょっと力の差があるかなと思った時に、大学の進路のこともあるし、3年間頑張ってきたから、いろんな選手を出してやったりしてたんですけども、今年は組み合わせが1回戦から気が抜けなくて。フルメンバーでも最後までどうなるか分からない試合ばかりだった。だから選手を起用してやることができなかった。かわいそうなことをしました」

 トーナメント制を勝ち抜いていくなかで、多くの指揮官は2つのジレンマに苛まれると聞いたことがある。レギュラーを固定して、その結束力を高めていくのがいいのか、あるいは、複数の選手の起用でケミストリーをもたらし、さらにチーム力を高めるかだ。
  選手層が厚くない公立校は前者を選びがちだが、私学であっても、そうした選択に悩まされる時がある。今季の明徳義塾はおそらく、前者のレギュラーを固定して勝ち上がっていく方法を選んだのだろう。

 馬淵監督の前述のコメントには、「温情」からの悔いが表現されているが、たとえそんな状況での起用であっても、試せる機会がどこかにあったとしたら、ひょんなところから新戦力が見つけられたりするものだ。しかし、その機会を作れなかったことで、チームの窮地を救う人材を見つけられないチーム事情へとつながったのだろう。

「この苦しい試合を乗り切っていったら、また波に乗れることもあるんでしょうけど、苦しい試合を終盤でも何とかものにして、上にいけるようなチームを作らないと甲子園ではなかなか勝てないと思いますね」

 恨み節を残していくあたりはいかにも百戦錬磨の指揮官らしいが、逆に言えば、それほどあっけない終戦になす術がなかったということなのだろう。それもまた、甲子園の難しさということだろうか。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園は通過点です』(新潮社)、『baseballアスリートたちの限界突破』(青志社)がある。ライターの傍ら、音声アプリ「Voicy」のパーソナリティーを務め、YouTubeチャンネルも開設している。
 

関連記事(外部サイト)