ジャッジのMVPを奪えるのは「オオタニしかいない」 ただ60本以上なら「受賞を否定するのが難しくなる」と米メディア見解

ジャッジのMVPを奪えるのは「オオタニしかいない」 ただ60本以上なら「受賞を否定するのが難しくなる」と米メディア見解

アメリカン・リーグのMVP筆頭とされるジャッジ(左)、大谷(右)。レースの行方に現地から熱い視線が注がれている。(C)Getty Images

シーズン後半戦の熱気が増すなか、徐々に注目度を高めている今季のアメリカン・リーグMVP争い。現在、その中心にいるのが、ニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジと、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平だ。

【動画】「ショウヘイが今夜全てをやってのけた」大谷翔平が放った“25号ソロ”をチェック!

 現地時間8月11日、米メディア『The Cold Wire』は、大谷を「投手としても打者としても優秀」と称えながらも、対するジャッジについて「打撃でこれほどの結果を出している選手はいない」とし、リーグ平均を100とした場合の攻撃傑出度を示す「wRC+」という指標に着目している。

 記事内で、さらに「攻撃的な生産性に関してジャッジにライバルはいない」と強調すると、「wRC+は驚異の199だ」と紹介。2位ヨーダン・アルバレスのwRC+189と比較しても、圧倒的な数字となっており、wRC+135の大谷に関しても、「非常に良いが、ジャッジにはとても及ばない」との評価だ。 また、「ジャッジからMVPを奪えるのは、現時点でオオタニしかいない」との見解も記した同メディア。今後のレース展開を「おそらく最後までもつれるだろう」と予測しているが、「ジャッジが(現在のペースで)60、65本塁打を打てば、投票者が彼の受賞を否定するのは難しいだろう」とまとめられた。

 二刀流とそれ以外のプレーヤーを単純に比較できないとはいえ、このところ意見がジャッジに傾いている印象も受ける同レース。打ちに打ちまくっているジャッジの打棒も含め、両雄のパフォーマンスを今後も見守っていきたい。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「DH問題」も「先発6人ローテーション」もトレードの障壁にはならない?現地報道が示唆するオフの“大谷争奪戦”激化<SLUGGER>

【関連記事】「104年ぶりの2桁勝利&2桁HR」「イチロー超えの118号」など続々達成。大谷翔平の偉業から見る「偉才」の価値<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)