大胆な“守備シフト”やエースだけに頼らない投手起用――奇策連発の国学院栃木が前回大会の覇者・智弁和歌山相手に大金星!<SLUGGER>

大胆な“守備シフト”やエースだけに頼らない投手起用――奇策連発の国学院栃木が前回大会の覇者・智弁和歌山相手に大金星!<SLUGGER>

高校野球の常識を覆すような大胆なポジショニングや、エースを先発ではなく中盤以降のリリーフに回す投手起用。数々の奇策を駆使した国学院栃木が智弁和歌山を見事に倒した。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部)

センターとショートの間で、一人高々と手を上げる国学院栃木高の遊撃手・長田悠也の姿を見て、この日の大勝利の理由が腑に落ちた。

 最終回、センターのやや前のポジションに遊撃手がいた。

 この大胆な守備陣形こそ、国学院栃木が昨夏覇者の智弁和歌山高を破った要因だ。9回2死二塁の場面で、長田がウイニングボールをキャッチした。

「これ、言わないといけないですかね(笑)。データはうちにとって肝です。データでポジショニングを決めています」

 一瞬、その狙いを煙に巻いた国学院栃木の指揮官・柄目直人はなかなかの策士だった。

 とにかく、この日の国学院栃木の戦い方は終始一貫していた。

 柄目監督が続ける。
 「3点しか取られなかったのは想定外です。もっと取られてもいいと思っていました。点数よりかは点差が開かないようについていくという考え方で、取られたら取り返すぞというイメージを選手たちと共有して戦いました」

 大胆な守備シフトは9回だけでない。初回からすでに実施していた。

 長打力のある智弁和歌山の4番・岡西佑弥や7番の武元一輝には、とにかく一、二塁間を狭めて外野手は深く守る。打たれることは想定しつつも、長打を極力防ぎたいとする考え方だった。大量点を失わないよう細心の注意が払われていた。

 さらに、1人の投手で抑え切ることは難しいと複数投手を起用した。

「5回までを“1試合目”、5回以降を“2試合目”という考え方で、5回までは何とかエースの盛永(智也)以外のピッチャーでつないでいく。ビハインドでもいいので、何とか粘っていくと。“2試合目”は盛永にスイッチして、終盤勝負に持ち込むというゲームプランを立てていました」

 先発左腕の中沢康達が最初の2イニングを担当し、2番手では三塁手で主将の平井悠馬がマウンドに上がった。平井が1イニングを無失点に抑えると、4回からは長身右腕の中川真之介が登板。中川は県大会が終わってからもしっかりトレーニングしたことで成長し、指揮官が「エースになっていてもおかしくない存在」と呼ぶほどの戦力になっていた。

 その中川が2イニングを1安打無失点をとほぼ完璧に抑え込んだ。本人は「もう1イニング投げて、盛永を助けないといけなかった」反省の弁を述べたが、エースの負担を軽くしたことは間違いなかった。
  そして6回表、満を持してマウンドに上がった盛永だったが、いきなり1死二、三塁のピンチを招く。だがここでも、国学院栃木は大胆なシフトを見せた。三塁ランナーを無視して右方向のヒットゾーンを狭める選択をして、見事にセカンドゴロに抑えたのだ。結果1点は失ったが、柄目監督は意に介さなかった。

「相手に点が入るとこっちも点が入るという形がこの夏の戦い方だったので、あの場面では強打でロングヒットを打たれた方が絶対嫌でした。後ろに下がっていれば1点で済むかなと。“攻めた”結果です」

 するとその裏、国学院栃木は先頭の槙本嵩大がセーフティバントを成功させて反撃の口火を切り、3番・平井の三塁線への二塁打で同点。さらに鈴木友と長田の連打で勝ち越したのだった。

 さらに8回裏には、無死から平井がダメ押しとなるソロ本塁打。貴重すぎる1点が国学院栃木に入った。

 9回表の智弁和歌山の攻撃では先頭に二塁打を浴びるも、その後は三者凡退。最後は4番・岡西をショートフライに打ち取り、大胆なシフトの完成を知らせるゲームセットとなった。

 柄目監督は試合をこう振り返った。
 「おそらく(智弁和歌山は)対・盛永で練習してくると予測を立てましたので、受け身の采配より攻めた采配をすることを選手と確認しました。とにかく全員で攻めていくイメージを持つため、こういう選手起用にしました。

 実はコロナで甲子園が開催されなかった(2020年の)夏の地方代替大会で、7回で10人を投げさせた経験を通して、多くの投手を起用していく感覚はつかんでいました。その上で、選手たちとも練習試合で短いイニングをつないでいく起用法を繰り返して、経験を積んできましたので、練習通りできたかなと思います。

 ポジショニングに関しては、(智弁和歌山の)素晴らしいバッターというのは、ヒットゾーンに打つのがうまいので、その打球が飛ぶところに守っていればいいんじゃないというような感覚で(シフトを)敷いています」

 “大金星”というには失礼なくらいの完全勝利だった。

 昨夏覇者を倒しての勝利は大いに自信がついたことだろう。作新学院の栃木11連覇を阻んだ実力は本物。一気に優勝候補に躍り出たナイスゲームだった。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園は通過点です』(新潮社)、『baseballアスリートたちの限界突破』(青志社)がある。ライターの傍ら、音声アプリ「Voicy」のパーソナリティーを務め、YouTubeチャンネルも開設している。
 

関連記事(外部サイト)