波紋を呼んだ大谷翔平の“走塁死”は「私の判断」。エンジェルス監督代行が経緯を説明「正直、失敗だった」

波紋を呼んだ大谷翔平の“走塁死”は「私の判断」。エンジェルス監督代行が経緯を説明「正直、失敗だった」

大谷"走塁死"を指揮官が弁明

波紋を呼んだ大谷翔平の“走塁死”は「私の判断」。エンジェルス監督代行が経緯を説明「正直、失敗だった」

一部から批判の声が上がった大谷(左)の走塁ミス。ネビン監督代行(右)が試合後に同プレーを振り返っている。(C)Getty Images

試合終盤に見られた“走塁ミス”について指揮官が弁明している。

【動画】バクストンのファインプレー? それとも大谷のミス? 米記者も沸いた問題のシーンをチェック

 現地時間8月13日、本拠地ミネソタ・ツインズ戦に「2番・DH」でスタメン出場したロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、3試合ぶりの26号ソロを含む4打数1安打、1打点、1四球と活躍。3点ビハインドから反撃のキッカケを作り、5対3のチーム逆転勝利に大きく貢献した。

 ただ、延長10回1死一、三塁では、一打サヨナラの好機を潰してしまうシーンもあった。申告敬遠で一塁上にいた大谷は、初球にいきなりスタートを切ったが、打席に立った3番ルイス・レンヒーフォが放った打球を相手中堅手がダイビングキャッチ。背番号17は、慌てて帰塁するもあえなく併殺となったのだ。
   MLB公式サイトは、本拠地が大きなため息に包まれた同シーンについて、エンジェルスの指揮を執るフィル・ネビン監督代行の会見コメントに注目。「オオタニがあのプレーで盗塁を試みたのは、自分の判断であり、最終的にそれが間違ったものだったと述べた」と伝えている。

 ネビン監督代行は「正直、あの10回は失敗だった」と話し始め、相手の守備位置から、「併殺を避けるためにオオタニが二盗すれば、レンヒーフォも歩かされ、満塁で(テイラー・)ウォードまで行くと考えていた」と説明。同回は結局、悪い結果となったが、最終的にチームがサヨナラ勝利を収め、安堵の表情を浮かべていた。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】敵主砲の家族も虜! 大谷翔平がコレアの妹にファンサービスで感涙させる。サプライズの兄は「別格だね」と脱帽

【関連記事】大谷翔平の26号弾をキャッチしたと勘違い? 相手投手が見せたリアクションに米記者注目「仲間が捕球したと思っていた」

【関連記事】“ショータイム”を目の当たりにした相手選手は「正直、言葉で表せない」と脱帽。豪快25号には「どうしたらあんなことができる?」

関連記事(外部サイト)