トレードの可能性や日本での合宿参加の負担、そして怪我…大谷翔平のWBC出場を妨げる「要素」とは?<SLUGGER>

トレードの可能性や日本での合宿参加の負担、そして怪我…大谷翔平のWBC出場を妨げる「要素」とは?<SLUGGER>

前回のWBCは故障のため欠場した大谷。今回出場となれば、日本のファンは大きく盛り上がるだろう。(C)Getty Images

「選んでもらえるのであれば、プレーしたい気持ちはもちろんあります」。7月20日、大谷翔平(エンジェルス)はこのように語り、来年3月に開催される第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場に意欲的な姿勢を示した。日本ハム時代の恩師だった栗山英樹が侍ジャパンの監督を務めることも大きな要因のようだ。そしてもちろん、彼がそう望むのであれば代表に選ばれない確率はゼロに等しい。

 WBCへの参加を熱望しているのは、前回(2017年)の第4回大会に出られなかったからでもある。16年秋に負った右足首の怪我を、翌年のキャンプイン直前に悪化させてしまったことで、出場を諦めざるを得なかった。まともにランニングもできないほどの重症だったので当然の決断ではあったが、今回もほんの少しでも故障の懸念があれば、本人の意志に関係なく出場は見合わせることになるだろう。

 日本の野球ファンなら、誰もが大谷に「世界一」を懸けた大会で戦ってもらいたいとは思っている。だが、それと同じくらいペナントレースでの活躍も期待している。ましてや23年は大谷にとってFA資格を得る大事な年でもあるので、絶対に無理は禁物。たとえ軽度の怪我であっても「WBCは4年後にもまたあるから」と周囲が説き伏せるに違いない。 それでは、このような支障が発生しない限り大谷の姿はWBCの舞台で見られるのだろうか。それもまた、絶対確実とは言い切れない。

 まず、来季所属している球団が彼のWBC出場を望まない可能性がある。

 WBCに関して毎度問題となるのが、メジャーのスター級選手が参加を渋る、出たとしてもシーズンへ向けての調整の一環といった感覚で、100%全力で臨んでいるようには見えない……という点だ。とりわけアメリカ代表にそうした色合いが濃厚だが、これは彼らにとって、そしてMLBの各チームにとっても、WBCよりペナントレースの方がはるかに大事という意識があるからだ。

“エキシビションの延長の試合”で怪我などされてはかなわない――と考えているから、高い年俸を支払っている選手には参加してもらいたくないのが本音。前年終了時点で故障者リスト入りしていた選手に対しては、球団が出場を辞退させる権限を持っているくらいである。松井秀喜が結局一度もWBCに出なかったのも、ヤンキースの意向を受けてのことだったとも言われている。 ただ、来年3月時点で大谷がエンジェルスに所属しているのなら、こうした問題とは無縁だと思われる。今季ですでに在籍5年目を迎え、大谷とチームの間には強い信頼関係が存在する。数週間にわたって離脱したところで大きな支障はないはずだ。しかも、チームメイトのマイク・トラウトはすでにアメリカ代表として参戦を宣言。大谷だけ許可しないというのは筋が通らない。

 さらに、トラウトも大谷もペナントレースでヒリヒリした戦いを経験できないなら、せめてWBCで……という思いを抱くはず(イチローもそうだった)。球団がそれすら許可しないというのは考えにくい。

 しかしながら、大谷がトレードされて新しいチームで23年を迎えることになったらどうだろう。WBCでチームを離脱すれば、新たな環境で首脳陣やチームメイトに馴染むための貴重な時間が失われる。もし大谷がベネズエラやプエルトリコの選手なら、1次ラウンドはアメリカで行われるので移動や時差の問題とは無縁で済む。

  だが、日本で行われる1次ラウンドに参加するとなれば、その前の合宿期間も含めてチーム離脱の期間が長くなってしまうのが痛い。新天地に移ってのFAイヤーとなれば、本来は出場を熱望するであろう大谷自身も躊躇せざるを得なくなるかもしれない。

 ただ、こうしたハードルを乗り越える「ウルトラC」があるにはある。日本での合宿と1次ラウンド、そして準々決勝ラウンド参加を見送り、マイアミでの準決勝から合流するのだ。過去には、17年に当時ドジャースの絶対的守護神だったオランダ出身のケンリー・ジャンセンが、準決勝進出が決まった時点で急きょ参戦を決めた例がある。

 大谷個人の都合を考えれば、この方がはるかに合理的だ。アメリカでキャンプインしたのち日本へ渡るのはそれだけでも手間だし、調整が遅れる原因になる。また、野手であれば連係プレーで息を合わせるために合宿から練習を積んだ方がいいが、投手兼DHの大谷には特にその必要はない。

  そもそも、大谷はそうした「特別扱い」を認められるだけのステータスをすでに築いている。日本代表にしても、大谷一人がいないくらいで1次ラウンド&準々決勝ラウンドを勝ち抜けないチームではないだろう。

 とはいえ、勝負は何が起きるか分からないのも事実。万が一にも大谷抜きの日本が準決勝までに敗退してしまえば結果的に不参加と同じだし、相当な非難を浴びることも覚悟しなければならない。そうした雑音を回避するには、やはり最初から参加する方が無難だろう。”助っ人”のような途中参加では勝利の喜びも半減する。合理的な判断が常に正しいとは限らない。 何より、大谷がいるといないとでは日本での盛り上がり具合は天地の差がある。彼は今やMLB最大の広告塔であり、それこそ新しいチームに移ったとしても、大谷の参加を認めるようMLB機構が働きかけることもあり得る。そうした自分自身の商品価値、存在意義も大谷はよく知っているはず。大きな故障に見舞われない限り、JAPANのユニフォームを着た大谷の姿が東京ドームで見られるだろう。

文●出野哲也

【著者プロフィール】
いでの・てつや。1970年生まれ。『スラッガー』で「ダークサイドMLB――“裏歴史の主人公たち”」を連載中。NBA専門誌『ダンクシュート』にも寄稿。著書に『プロ野球 埋もれたMVPを発掘する本』『メジャー・リーグ球団史』(いずれも言視舎)。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?