ア・リーグのMVP争いで大谷翔平には「誰も敵わない」 元ヤンキース首脳のエ軍監督代行が“2年連続受賞”に太鼓判!

ア・リーグのMVP争いで大谷翔平には「誰も敵わない」 元ヤンキース首脳のエ軍監督代行が“2年連続受賞”に太鼓判!

エンジェルスを率いるネビン監督代行(左)は、大谷(右)らのア・リーグMVP争いをどのように見ているのか。(C)Getty Images

指揮官は当然のように二刀流スターの“2年連続MVP”に太鼓判を押した。

【動画】センターへの大飛球! 大谷翔平が放った26号ソロをチェック

 現地時間8月15日に行なわれた本拠地でのシアトル・マリナーズ戦に「2番・DH兼投手」で先発登板した大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は、6回(97球)、7安打2失点、8奪三振と好投しながらも、勝敗つかず。また、チームが2対6で敗れたなか、打っては4打数1安打、1三振という内容だった。

 地元紙『Orange County Register』によると、この試合前、エンジェルスのフィル・ネビン監督代行は、大谷について「うちの男がしているのは誰もやっていないことだ」と言及。そのうえで、アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)とのアメリカン・リーグMVP争いに私見を明かしている。
  さらに、2018年からヤンキースの三塁コーチを4年間務めていたネビン監督代行は、両雄の活躍を称えながらも、やはり大谷のMVP受賞をプッシュ。「サイ・ヤング賞候補のなかでもトップクラスで、打撃面でも上位に食い込む。その点では誰も敵わないだろうね」と二刀流の凄さを強調していた。

 投打で26本塁打、10勝を記録している大谷と、46本塁打、100打点という驚異の打棒を誇るジャッジ。はたして今季、“選手最高の栄誉”に輝くのは誰になるなのか。今後もレースの行方を興味深く見守っていきたい。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「DH問題」も「先発6人ローテーション」もトレードの障壁にはならない?現地報道が示唆するオフの“大谷争奪戦”激化<SLUGGER>

【関連記事】「104年ぶりの2桁勝利&2桁HR」「イチロー超えの118号」など続々達成。大谷翔平の偉業から見る「偉才」の価値<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?