【甲子園で評価を上げた投手5人】近江・山田は総合力が出色。初戦敗退の富島・日高、U-18代表入りの市船・森本も光った<SLUGGER>

【甲子園で評価を上げた投手5人】近江・山田は総合力が出色。初戦敗退の富島・日高、U-18代表入りの市船・森本も光った<SLUGGER>

熱戦続いた甲子園が終了。いよいよドラフトの時期が近づいている。果たして今夏の大舞台で評価を上げた選手は? 投手では3季連続ベスト4入りの近江・山田(右)や、初戦敗退でも才能を見せた富島・日高らが存在感を発揮した。写真:塚本凛平(THE DIGEST)

仙台育英の初優勝で幕を閉じた夏の甲子園。ドラフト候補という意味では目玉不在と言われていたが、それでもプロのスカウトを唸らせた選手はいた。今年の甲子園で評価を上げたドラフト候補について、投手、野手それぞれ5人ずつピックアップして紹介したいと思う。今回は投手編だ。

●山田陽翔(近江)

 滋賀県勢初の優勝はならなかったが、3季連続ベスト4以上に進出したチームの原動力として見事な投球を見せた。最速148キロのストレート以上に素晴らしかったのが変化球だ。カットボール、ツーシーム、スプリットはいずれも130キロ台後半のスピードがあり、打者の手元で鋭く変化するため、送りバントを決めるのも簡単ではなかった。

 終盤でもスピードの落ちないスタミナ、フィールディングなど、投げる以外のプレーも高レベルで完成度という意味では出色。センバツに比べても、すべての面で評価を上げたことは間違いなく、比較的高い順位での指名が期待できる。
 ●川原嗣貴(大阪桐蔭)

 1回戦の旭川大高戦では2ランを浴びるなど3失点と苦しんだが、3回戦の二松学舎大付戦では被安打6、8奪三振で完封としっかり修正してきたのはさすが。188㎝の長身だが指先の感覚に優れ、コントロールも安定しているのは大きな長所だろう。

 一方で厳しいコースを狙いすぎてカウントを悪くし、甘く入ったボールを狙われるのが課題。まだ身体つきが細く、球速ほど打者の手元でボールの勢いが感じられないのも気になった。しかし、昨年秋と比べると春、夏と着実に成長を見せており、これだけの長身でバランスが良いのはやはり大きな魅力である。

●日高暖己(富島)

 生盛亜勇太(興南)と同様に初戦で敗れたものの、大会準優勝の下関国際打線を中盤まで苦しめ、9奪三振をマークするなど大器の片鱗は見せた。ヒジをあまり使わない腕の振りは山本由伸(オリックス)と重なり、長いリーチを上手く使え、指のかかりも良いため数字以上にボールの勢いが感じられる。スライダー、フォークともに変化の早さは課題だが、ともに低めに決まれば空振りを奪えるだけの鋭さがあった。

 大型ながら身のこなしが軽く、フィールディングなどの動きが軽快なのも長所。もう少し下半身に粘り強さが出てくれば、さらに球速が増す可能性が高い。プロ志望とのことだが、将来性を重視するチームであれば支配下での指名を検討する球団が出てくる可能性も高そうだ。
 ●宮原明弥(海星)

 1回戦では大会注目の右腕・田中晴也(日本文理)との対決を制して被安打8、9奪三振で完封。続く天理との2回戦でも好リリーフを見せ、46年ぶりとなるチームの夏2勝に大きく貢献した。昨夏と比べると身体つきが引き締まり、その分、体重移動がスムースになってボールに力が伝わるようになった印象を受ける。

 ストレートは140キロ台前半が多かったが、ゆったりとしたモーションで上から腕が振れ、ボールの角度も申し分ない。緩急の使い方が上手く、内角を厳しく攻める姿勢も目立った。進路については明言を避けたが、身体的なスケールもあるだけにプロ志望となれば指名の可能性も十分にあるだろう。
 ●森本哲星(市立船橋)

 大会後に発表されたU-18侍ジャパンにも選出されるなど、サウスポーで最も評価を上げたのがこの森本だ。1回戦の興南戦では3回途中からリリーフでマウンドに上がると、6.2回を被安打2、6奪三振、無失点の好投でチームの逆転勝ちに大きく貢献した。ストレートは130キロ台中盤~後半と目立った速さはないが肩の可動域が広く、腕が遅れて出てくるため打者はどうしても差し込まれることが多い。

 腕をしっかり振って投げられるスライダーもスピード、変化の幅にバリエーションがあり、カウント球としても勝負球として使うことができる。プロ志望とのことだが、貴重なサウスポーだけに、U-18W杯でも活躍を見せればさらに評価を上げることも考えられるだろう。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間400試合以上を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している。

【関連記事】【甲子園で評価を挙げた野手5人】“大会MVP”の浅野はドラ1も確定的!? 大阪桐蔭・松尾&聖光学院・山浅の大型捕手もさすがだった<SLUGGER>

【関連記事】感動を呼ぶ大反響! 仙台育英・須江監督の優勝インタビューがトレンド入り「青春って密なので」「全国の高校生に拍手を」

【関連記事】「間違いなく1位で消えますね」――今夏に声価を高めた高松商・浅野翔吾。プロスカウトの“疑念”を打ち砕いた身体能力

【関連記事】“怪物”浅野翔吾の甲子園は3本塁打、OPS2.600で終了。圧巻だったパワー以上に驚異的なあるスタッツとは?

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?