ベッツがWBC米国代表入りで、外野に“MVPトリオ”がそろい踏み!29歳の初挑戦に米記者は興奮「めっちゃ良い!」

ベッツがWBC米国代表入りで、外野に“MVPトリオ”がそろい踏み!29歳の初挑戦に米記者は興奮「めっちゃ良い!」

走攻守3拍子揃うドジャースの外野手、ベッツもWBC出場を表明した。(C)Getty Images

現地時間8月25日、MLB公式Twitterは、ロサンゼルス・ドジャースのムーキー・ベッツが来年3月に開催されるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の米国メンバー入りすると発表した。

 ベッツはボストン・レッドソックスに在籍した2018年にリーグ最高打率.346、32本塁打、OPS1.078をマークし、チームをワールド・チャンピオンに導いた立役者だ。その年のMVPを獲得した29歳は、これまで6度球宴に出場するなど名実ともに偉大なメジャーリーガーである。

【動画】超人ベッツ!スーパーキャッチの様子をチェック

 初のWBCに参加を表明したベッツのほかに、外野にはすでにマイク・トラウト(ロサンゼルス・エンジェルス)、ブライス・ハーパー(フィラデルフィア・フィリーズ)が名乗り出ている。MVPの称号を手にするスーパースターが3選手揃った。

 ベッツは、今季105試合に出場し打率.273、27本塁打、62打点、11盗塁でOPS.873をマーク。86勝37敗でリーグトップの勝率を誇るドジャースの要だ。そんな偉大な選手の参加表明に米放送局『MLB Network』でリポーターを務めるジョン・モロシ氏は、「この追加メンバーめっちゃ良い!」と興奮気味に報じた。
 「フィールドでの活躍は言うまでもなく、ムーキー・ベッツは私が20年ほどMLBを取材してきたなかで、最も偉大な野球選手だ」

 2017年に続き2連覇を狙う米国。ほかにも、ポール・ゴールドシュミット(セントルイス・カーディナルス)、ノーラン・アレナード(カーディナルス)、ピート・アロンゾ(ニューヨーク・メッツ)JT・リアルミュート(フィリーズ)ら名だたるメンバーが出場を表明している。

 最強の布陣で臨むチームUSA。世界一をかけて戦う夢の大舞台で、果たしてどの様なパフォーマンスを見せてくれるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】トラウト、ハーパー、アレナードら超大物が続々とWBCアメリカ代表へ!参加を表明した6選手の「ある共通点」<SLUGGER>

【関連記事】490億円男の“超一流ファン対応”が話題!試合中にファンとキャッチボールする姿に「なんて素晴らしいんだ!」と絶賛の声

【関連記事】「99.99%、ジャッジだ!」米記者はMVPレースのほぼ終焉を宣言。大谷翔平を推さない理由はやっぱり本塁打に?
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?