【甲子園注目3選手の「将来像」】高松商・浅野は右の吉田正、近江・山田は藤嶋、そして大阪桐蔭・松尾は往年のMVP?<SLUGGER>

【甲子園注目3選手の「将来像」】高松商・浅野は右の吉田正、近江・山田は藤嶋、そして大阪桐蔭・松尾は往年のMVP?<SLUGGER>

左から浅野、山田、松尾。夏の甲子園を沸かせた3人は、プロではどんな選手になるだろうか?(写真)滝川敏之

ドラフト候補として絶対的な目玉となる選手は不在と言われた今年の夏の甲子園。ただ、そんな中でも高い評価を得ているのが浅野翔吾(高松商)、山田陽翔(近江)、松尾汐恩(大阪桐蔭)の3人だ。彼ら3人は、プロではどんなタイプの選手になるのか。これまでのプレーぶりとスカウト陣の反応などから探ってみたいと思う。

 まず、1位指名の可能性が最も高いのは浅野だろう。3試合で3本のホームランを放って打率7割という見事な成績を残し、準々決勝での山田との直接対決でもバックスクリーンへの一発を含む3安打と圧倒した。170㎝という身長を気にする声もあったが、今大会の活躍でそんな不安を吹き飛ばした格好と言えるだろう。

 ただ、本人がプロでは「中距離打者としてチャンスを作る選手を目指す」と話している通り、スカウト陣からも谷佳知(元オリックス)や陽岱鋼(元巨人)のような走攻守と強打を備えたセンターという将来像が聞かれた。また、左右は違うものの、上背がなくても長打と確実性を備えた吉田正尚(オリックス)も目指すタイプとして面白いのではないだろうか。 高校時代の吉田と比べて浅野が大きく上回っているのはボールを遠くへ飛ばす技術である。吉田は鋭いライナーから徐々に大学で角度をつけることを覚えていった印象だが、浅野はすでに広角に飛ばせていて、大きな武器と言えるだろう。日本では身長が低い選手がホームランを狙うことをどうしても否定的にとらえられることが多いが、これだけ飛ばせる打者はやはり貴重である。30本とは言わなくても、毎年20本以上のホームランを狙える選手をぜひ目指してもらいたい。

 次に山田だが、春までのピッチングを見る限り、最もイメージが重なると感じていたのは藤嶋健人(中日)だ。上背はそれほどないが、高い位置から腕を振り下ろすフォームでボールの角度があり、縦の変化で勝負するスタイルは重なる部分が多い。また下級生の頃からチームの中心で、バッティングにも非凡なものがあるという点も共通している。

 プロ球団のスカウトからも、山田に対しては以下のようなコメントが聞かれた。「速い変化球は素晴らしいものがありますし、今大会では一番完成された投手だと思います。ただプロでは先発というよりもリリーフの方が向いているように見えますね。走者を背負ってから勝負所で三振を奪えるというのも目立ちました。ただ高校生のリリーフタイプの投手を上位で指名するのかという意見は出る可能性は高いです。高校生の投手ならもう少しスケールが欲しいという意見も多そうですね」 藤嶋も2016年のドラフトでは5位で指名されており、プロ入り時の評価はそこまで高かったわけではない。ただ、この夏の山田は高校3年時の藤嶋と比べてもストレート、変化球、コントロールすべてにおいて上回っていたこともまた確か。甲子園で3季連続の大活躍で評価も上げたはずだ。変化球はとにかく素晴らしいだけに、ストレートの威力をさらに上げることができれば、不動のセットアッパーまたはクローザーとなることも期待できるだろう。

 松尾は2回戦の聖望学園戦で2本のホームランを放ち、4試合合計で5割を大きく上回る打率を残すなど、さすがの打撃を見せた。そしてそれ以上に成長を見せたのが守備だ。2.00秒を切れば強肩と言われるイニング間のセカンド送球はプロでもトップクラスである1.7秒台をマーク。キャッチング、フットワークも明らかにレベルアップした印象を受けた。

 バッティングを生かして内野手で勝負した方がいいという声も聞かれるが、これだけのスローイングがあることを考えると、まずは捕手でプロ入りという可能性が高いだろう。プロで打てる捕手と言えば、大阪桐蔭の先輩でもある森友哉(西武)が代表格だが、選手のタイプとしては少し違うように見える。イメージとしては少し古くなるが、中尾孝義(元中日)が最も近いのではないだろうか。 中尾は完全なレギュラーとして活躍したシーズンは多くなかったものの、それでも通算5度の2ケタホームランを放っており、1982年にはMVPにも輝いている。プレーにスピードがあったことが原因で故障も多かったが、万全な状態であれば球史に残る捕手となった可能性は高い。松尾も脚力があり、積極的な走塁も武器なだけに、故障にはくれぐれも気を付けて、長く活躍できる捕手を目指してもらいたいところだ。

 冒頭でも触れたように、超のつく目玉は不在だったが、甲子園の出場回数は松尾が4度(2年春は控え)、山田が3度、浅野が2度と多く、そのたびに強いインパクトを残したことは揺るぎない事実。3人揃ってプロの舞台でも早くから、また長きにわたって輝きを放ってくれることを期待したい。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間400試合以上を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している。

【2022ドラフト候補ランキング|1~10位】トップ2は矢澤&蛭間で変わらず。日本文理・田中も“二刀流”に可能性を秘める

【関連記事】【甲子園で評価を上げた野手5人】“大会MVP”の浅野はドラ1指名確定的!? 大阪桐蔭・松尾&聖光学院・山浅の大型捕手もさすが

【関連記事】「間違いなく1位で消えますね」――今夏に声価を高めた高松商・浅野翔吾。プロスカウトの“疑念”を打ち砕いた身体能力

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?