王貞治、落合博満、バースらはいかに“偉業”をやってのけたのか? 村上宗隆が迫る金字塔の到達者たち【三冠王列伝】<SLUGGER>

王貞治、落合博満、バースらはいかに“偉業”をやってのけたのか? 村上宗隆が迫る金字塔の到達者たち【三冠王列伝】<SLUGGER>

図抜けたポテンシャルを見せつけ、トリプルクラウン達成に迫っている村上。彼が迫る快挙はどれほど凄いのか? 過去の達成者たちの歴史を振り返る。写真:鈴木颯太朗

今季のセ・リーグで、いや日本球界において話題沸騰となっているのが、「村上宗隆(ヤクルト)の三冠王なるか?」だ。

 三冠王は、打率、本塁打、打点と打撃主要三部門を手にし、技術とパワーを極めた打者だけに与えられる究極の称号だ。過去に日本球界においてこの偉業をやってのけたのは、2リーグ制以降で6人だけと多くない。それだけに22歳にして達成に迫る村上の偉才ぶりが際立つとも言える。

 では、過去に球史に残る大偉業をやってのけたのは、どういう大打者たちだったのか。この機会に振り返ってみたい。

◆野村克也(南海)
65年:打率.320/42本塁打/110打点

 2リーグ制初、パ初にして、守備負担の大きい捕手では“史上唯一”の三冠王だ。これによってそれまで三冠王という概念がなかった過去の記録が見直され、38年の秋季リーグで好記録を収めていた中島治康(巨人)が三冠王として認知された。そのため、「実質史上初の大偉業」とも言われている。

 また、本塁打王は9回、打点王は7回獲得していながら、首位打者を取ったのはこの年だけ。ただ1回のチャンスをつかんだのもまた、史上唯一である。

 この偉業達成には大きな壁が存在した。MLB通算145本塁打を放った元メジャーリーガーのダリル・スペンサー(阪急)である。8月15日の時点では野村が打率.335/27本塁打/80打点だったのに対し、スペンサーも.329/33本/62打点とハイアベレージを記録。熾烈なデッドヒートが繰り広げられたのだが、いわゆる“ガイジン”にタイトルを取らせまいとするパ・リーグ各球団の、スペンサーに対する執拗な四球責めもあり、次第に差は開いていいった。

 そして10月5日、意外な形で勝負はついた。

 スペンサーが通勤に使っていたバイクで事故に遭遇。右足骨折の重傷を負い、シーズン残り2週間で今季絶望となってしまったのである。当時、野村本人も意外な決着には消化不良気味だったが、なんとか三冠王の偉業を果たした。
 ◆王貞治(巨人)
73年:打率.355/51本塁打/114打点
74年:打率.332/49本塁打/107打点

「日本球界史上最強」の呼び声も高い大打者も、当然のように三冠王も手中に収めている。その打者としての実績は長ったらしく説明する必要はないだろうが、三冠王に輝いた両年とも、巨人打線では孤軍奮闘状態だったのは、特筆しておくべきだろう。

 1965年からリーグ9連覇を果たしたV9時代の巨人で中核を担った“ON砲”も、当時はすでに片翼飛行だった。38歳となっていた「N」こと長嶋茂雄の衰えが顕著だったからだ。さらに主力もベテラン頼みになっていたチームは、両年とも3割打者は王以外にいないという状況だった。とりわけ74年には史上最多のシーズン158四球を記録した事実からも、いかに王に敵のマークが集中していたかが分かる。

 それほど他球団に警戒されても、一切の衰えなく打ち続けたという事実こそが、レジェンドの凄まじさを表している。王の孤軍奮闘により、73年の巨人はついに9年連続日本一の大偉業を達成。翌74年はゲーム差なしの2位で中日に敗れたとはいえ、最後まで巨人に優勝争いをさせたのは、背番号1の存在にあって他ならない。◆落合博満(ロッテ)
82年:打率.325/32本塁打/99打点
85年:打率.367/52本塁打/146打点
86年:打率.360/50本塁打/116打点

 どこまでも自分を貫く、孤高の"オレ流"で、史上最多3度のトリプルクラウンを手にした。

 落合が29歳で初めて達成した82年の三冠王は、今季の村上が更新しない限りは2リーグ制以降の史上最年少記録。しかし、当時、この年の成績を見た一部の評論家が「平凡」と揶揄。打撃3部門すべてトップの人間に対しては矛盾した意見だが、この“イチャモン”に落合は黙っていなかった。

「誰にも文句は言わせねぇ」とばかり、3年後に打率は当時歴代8位、本塁打と打点はともに3位の圧倒的数字で2度目の三冠王に輝くと、85年はそれぞれ2位に.027/12本/24点と差をつけ、ぶっちぎりで達成。改めてその傑出した打棒を証明した。

 86年もブーマー(阪急)や秋山幸二(西武)らとの激しいデッドヒートを制して2年連続三冠となり、パ・リーグの頂点を極めた落合はそのオフに中日へ1対4の超大型トレードで移籍。本塁打王と打点王に2度ずつ輝くものの、4度目の三冠は手にできなかった。
 ◆ブーマー・ウェルズ(阪急)
84年:打率.355/37本塁打/130打点

 助っ人の三冠王といえば後述するバースの印象が強いが、彼に先んじて外国人初の三冠王になったのが、このブーマーだ。当時のパ・リーグは前述の落合ら名スラッガーがひしめいており、その中で頂点に立った価値は高いと言える。ちなみに阪急へ入団した83年オフ。この時にはバースも獲得候補にリストアップされていたが、ブーマーが獲得できたからと争奪戦から撤退した、という興味深い経緯がある。

 来日1年目は打率3割をクリアした一方で、本塁打は17本。物足りない数字の裏にはヒザの手術から復帰したばかりという理由があった。そして全快した2年目に彼は真価を発揮した。

 助っ人としては珍しく、「本塁打よりも、コンスタントに打って走者を還すことの方が大事」という哲学を持っていた。決して個人成績だけを追い求めたわけではなく、状況に応じて右打ちに徹するなど、チーム打撃を忠実に守りながらも成績を落とさなかった。長いシーズンの中で本塁打は2位の落合に常に一定の差を保ち、打点は大差でトップをひた走った。

 この年はブーマーの他に、日本ハムのクルーズ、西武のスティーブと外国人3人が激しい首位打者争いを展開。結果はシーズン最終戦にまでもつれたが、わずか4厘差だった2位のクルーズが4打数無安打に。するとブーマーは守備固めのみで出場して7厘差で何とか逃げ切り、栄冠を手にした。◆ランディ・バース(阪神)
85年:打率.355/54本塁打/134打点
86年:打率.389/47本塁打/109打点

「神様、仏様、バース様」

 この名調子にある通り、バースも細かな説明は不要の“史上最高の助っ人”だ。来日1年目の83年は打率.288(21位)/35本塁打(3位)/83打点(9位)とごくごく普通の助っ人だったのだが、元首位打者の長崎啓二(当時大洋)のミート打ちや、同僚の掛布雅之の浜風に乗せて逆方向へ運ぶ甲子園独特の打ち方などを吸収。瞬く間に日本球史に残る大打者となった。

 阪神を初の日本一に導いた85年の打棒もさることながら、圧巻だったのは86年の打率。実は.389はいまだ破られていない史上最高記録だ。453打数176安打だったため、あと6安打を記録していれば、夢の4割を達成していた。

 ちなみにこの記録は、メジャー挑戦直前だった2000年のイチロー(当時オリックス)があと一歩にまで迫ったが、打率.387と2厘差で更新に失敗。それほどの“アンタッチャブル・レコード”となっている。

 87年は当時の吉田義男監督との確執が深刻化した影響もあって成績を落とし、さらに88年には長男の病気にまつわるゴタゴタで球団と対立して5月に退団。グラウンド外の問題で、圧倒的な打棒を発揮できなかったのは惜しまれるところか。
 ◆松中信彦(ダイエー※現ソフトバンク・ホークス)
2004年:打率.358/44本塁打/120打点

 平成では唯一の三冠王が松中だ。最多安打と最高出塁率も獲得しており、盗塁王以外の五冠独占は他にバースしかいない快挙でもある。

 そんな松中だが、実は史上唯一の“単独ではない”三冠王で、三つのタイトルそれぞれが激しいデッドヒートの末に獲得したものだった。打率では小笠原道大(日本ハム)が8月まではトップで、シーズンも佳境に入った9月にようやく逆転。最終的には1分以上の差がついたとはいえ、未達成に終わっていた可能性もあった。

 さらに本塁打では、やはり日本ハムのセギノールが立ちはだかった。こちらも8月が終わった時点ではセギノールが40本、松中が38本で2位。結局同数の44本でシーズン終了したが、日本ハムはこの時点であと1試合が残っていた。1本でもセギノールが打っていれば三冠の夢ははかなく散っていただけに、松中は実力だけでなく運にも恵まれたと言える。

 なお、翌年も本塁打&打点の二冠を手にし、さらに首位打者争いにもからむものの、最終的には.315で3位(トップは西武・和田一浩の.322)。2年連続三冠王を惜しくも逃している。

文●筒居一孝(SLUGGER編集部)

【関連記事】“王超え”も狙える村上宗隆。米メディアも愕然とさせる10冠スラッガーはいつMLBに?「間違いなくNPBで最高のバッターだ」

【2022ドラフト候補ランキング|1~10位】トップ2は矢澤&蛭間で変わらず。日本文理・田中も“二刀流”に可能性を秘める

【関連記事】三冠王に肉薄する村上宗隆のメジャー移籍は2025年オフ? “イチロー以来”の大物に本場も沸き立つ

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?