「いろんな人に感謝したい」楽天・浅村栄斗が“1000試合連続出場”達成!大混戦のペナントには「最後まで食らいつく」

「いろんな人に感謝したい」楽天・浅村栄斗が“1000試合連続出場”達成!大混戦のペナントには「最後まで食らいつく」

2試合連続先制打を放った浅村。チームの優勝を目指して試合に臨む。写真:THE DIGEST写真部

9月7日、楽天の浅村栄斗は、敵地PayPayドームで行なわれたソフトバンク戦に「3番・セカンド」で先発出場。初回に先制のタイムリーヒットを放ち、4対3でチームを勝利に導いた。

【動画】2試合連続先制打!浅村栄斗の鮮やかタイムリーをチェック

 1回1死3塁と好機の場面だった。多彩な変化球が武器の相手先発・石川柊太と対峙した浅村は、カウント2-2と追い込まれてからの7球目を振り抜く。打球は一、二塁間を破る先制適時打となり、チームを勢いづけた。

 この日、史上9人目、現役では唯一となる1000試合連続出場を果たした浅村。西武時代の2015年8月8日のオリックス戦(京セラドーム)以降、7年間にわたり休むことなく走り続けてきた31歳は、節目の試合で堂々たる結果を残した。

 試合後のインタビューで1000試合連続出場について聞かれると主砲は「西武から出させてもらって、使ってもらって今があると思うのでいろんな人に感謝したいと思います」とコメント。首位奪還に向けて「誰一人諦めることなく、目の前の試合を全力で戦っていると思うので、なんとか最後まで上のチームに食らいついていきたいと思います」と闘志を燃やした。
  なお、この日の勝利で首位ソフトバンクとのゲーム差は「3.5」に縮まった4位楽天。果たして大混戦となっているペナントレースはどのチームが制すのか。

構成●THE DIGEST編集部

【8月の投打部門別ベスト3:パ・リーグ】楽天の主砲・島内が“四冠”の大活躍!投手部門は宮城、山本、髙橋が激しいトップ争い<SLUGGER>

【関連記事】元西武のカブレラが放った“規格外弾”に再脚光! 米記者が図抜けたパワーの虜に「私の新しいお気に入りだ」

【関連記事】“王者”が“王者”であったがゆえの番狂わせ――大阪桐蔭が下関国際に敗れた理由<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?