中日・阿部寿樹が“意表突く”セーフティスクイズを決める!延長戦を制した立浪監督は「いい形で1点が取れた」と安堵

中日・阿部寿樹が“意表突く”セーフティスクイズを決める!延長戦を制した立浪監督は「いい形で1点が取れた」と安堵

10回延長戦を制した中日。立浪監督の奇策に選手らが応えた。写真:滝川敏之

立浪和義監督(中日)の“奇策”がはまった。

 9月9日、 東京ドームで開催された巨人対中日は、戸郷翔征と大野雄大による白熱した投手戦だった。6回、A・マルティネスの適時打で貴重な先制点を挙げた中日。しかし1対0で迎えた9回、丸佳浩に同点弾を浴び、土壇場で振り出しに戻った。

【動画】立浪監督の奇策!セーフティスクイズを決めた阿部をチェック

 10回1死一、三塁のチャンスをつくった中日は、この日2打数2安打の阿部寿樹に打順が回った。すると阿部は巨人のクローザー大勢から、初球セーフティスクイズを決めた。さらにビシエドからもタイムリーが飛び出し、中日が3対1で2連勝を飾った。
  試合後、立浪監督は「抑えの大勢投手で、打つのもなかなか難しいというところで、ああいう選択になった」と明かしたうえで、「初球でうまく阿部が決めてくれたので、いい形で1点が取れました」と喜びを口にした。

 初球からセーフティの腹積もりだったかとインタビューアーに問われた指揮官は「はい。絶好機になりましたから、何とかここで点を取らないと勝てないなと思ったので、セーフティスクイズになりました」と、決勝点を引き出すに至った決断について話した。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】“王超え”も狙える村上宗隆。米メディアも愕然とさせる10冠スラッガーはいつMLBに?「間違いなくNPBで最高のバッターだ」

【関連記事】王貞治、落合博満、バースらはいかに“偉業”をやってのけたのか? 村上宗隆が迫る金字塔の到達者たち【三冠王列伝】<SLUGGER>

【関連記事】三冠王に肉薄する村上宗隆のメジャー移籍は2025年オフ? “イチロー以来”の大物に本場も沸き立つ

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?