57本塁打のジャッジより大谷翔平の投打に「価値あり」!米メディアでア・リーグMVP論争が激化

57本塁打のジャッジより大谷翔平の投打に「価値あり」!米メディアでア・リーグMVP論争が激化

アメリカン・リーグMVPの有力候補とされる大谷(左)とジャッジ(右)。(C)Getty Images

アメリカン・リーグMVPを巡り、激しい議論が交わされている。

 その火蓋を切ったのは、同賞が有力視されている当事者のアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)だ。現地時間9月13日に敵地で開催されたボストン・レッドソックス戦で2打席連続弾を放ち、チームの勝利に貢献した。

 6回先頭で第3打席に入ったジャッジは、先発右腕ニック・ピベッタのカーブを流し打ち。右中間後方にある相手ブルペンに運び、56号を記録すると、8回の第4打席では、4番手右腕ギャレット・ウィットロックのスライダーを完璧に捉える。打球はぐんぐん伸び、グリーンモンスターを越える豪快な57号とした。

 ロジャー・マリス氏が保持するアメリカン・リーグシーズン最多本塁打(61本)まであと「4」と迫ったヤンキース主砲。レッドソックス戦の2発によって、ジャッジがMVPに輝くといった声がネット上でも数多く上がっている。しかし、やはりMVPは“二刀流”大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が獲得するといった見方も依然根強い。

 その一人がMLBアナリストのライアン・スペーダー氏だ。同氏は「アメリカン・リーグMVP議論で知っておくべきこと」を以下のようにまとめた。
 「アーロン・ジャッジ57本塁打
ショウヘイ・オオタニ 58(本塁打+先発登板)、防御率2.55」

 そして「そんなに難しい議論じゃない」と大谷の方に価値があることを主張したスペーダー氏は、さらに「クオリティスタートで防御率2.55はホームランより価値がある」と持論を展開し、「オオタニが去年と同じような活躍をしていなければ、誰がMVPを獲るかなんて話題にならなかったのに」とぼやいた。

 今シーズン大谷がMVPに選ばれれば、2年連続の受賞となる。連日のように続くこの議論。果たして、どのような決着となるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「議論の余地はない」MVP論争は2打席連発で“ジャッジ派”が加速!大谷翔平、ルース以来の“二刀流”も「ジャッジにMVPを与えないのはどうなのか」

【関連記事】大谷翔平の歴史的活躍は計測不可!? 米専門家が“最大の障壁”ジャッジとの比較に意見「オオタニはWARの限界を示した」 

【関連記事】「なんてこったぁ!」大谷翔平の“心温まる対応”に敵地ファンが感動!子どもが喜ぶ姿に海外記者もほっこり
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?