野球人・能見篤史が猛虎戦士に刻んだ“教え”。藤浪晋太郎が追いかけた「エース像」と、梅野隆太郎を変えた「原点」

野球人・能見篤史が猛虎戦士に刻んだ“教え”。藤浪晋太郎が追いかけた「エース像」と、梅野隆太郎を変えた「原点」

現役生活の最後はオリックスで迎えた能見。かつて阪神のエースとして活躍した左腕の教えは、“後輩”たちに生きている。写真:塚本凜平

アスリートの引退に際しては、積み上げてきた実績、手にしてきたタイトルとともに、“残したもの”も脚光を浴びる。オリックス・バファローズの能見篤史投手兼任コーチの現役引退もそうだった。

 一報を受け、古巣である阪神タイガースの“教え子”たちはベテラン左腕と過ごした時間、そして刻まれた教えを、それぞれが思い返していた。プロ9年目、いまやチームの扇の要に成長を遂げた梅野隆太郎は「気持ちと、心の支えになった」と、現役を退く左腕の存在の大きさを口にした。

 プロの扉を開けた14年、能見はすでに阪神先発投手陣の中心にいた。大卒ながらルーキーイヤーから1軍でマスクを被った梅野だが、エース左腕と組んだ4度の先発バッテリーの機会では1つも白星を挙げられなかった。

「自分の出すサインに首を振られたこともたくさんあった。それで打たれたし、抑えた時もあったけど能見さんに気持ち良く投球してもらえなかったとか、自分の中で反省する部分はすごくあった」

 この勝てなかった記憶は、プロ1年目、実績も経験も遥か上をいくベテランとの壁になってもおかしくなかった。だが、梅野は“距離”を縮めにいった。「先発投手とコミュニケーションを取りたい」という一心で2年目のオフに、能見の合同自主トレに志願。沖縄で約3週間、グラウンド内外で行動をともにした。

 トレーニングはもちろん、梅野にとって何よりも「プロの捕手」としての血肉となったのは、毎晩やってくる食事の席だ。何年経っても忘れない、今では「原点」と言っていい。そんな言葉を受け取っていた。

「盗塁を刺したり、ワンバウンドを止めることがどれだけ投手はありがたいか、という話をしてもらった。ピッチャーも生活がかかっている。そういう部分でバッテリーの信頼感も生まれてくる」
  梅野の唯一無二の武器であるボールを逸らさないブロッキング力は、能見の言葉もあって磨かれていった。

 藤浪晋太郎は、同じ投手……いや、「先発投手」として背中を追いかけてきた。先輩左腕を語る時に必ず口にする「僕の中でエースと言えば能見さん」という言葉は、18歳でタテジマに袖を通した時からずっと高みにいたからこそ滲み出る。

「エースの指針は、僕の中でずっと能見さんなんですよね。(ベテランの)あの歳であれだけ走れるのもすごい。アスリートとしてあるべき姿を教えてもらいました」

 投げる以外の部分でも感化された。「能見さんがヒットやホームランを打ちたいと言ってるのを横で聞いていて、セ・リーグの投手とはそうなんだと思いました」と語る藤浪は、試合前練習を終えると、人知れず室内練習場でマシンと向き合い快音を響かせていた背番号14を目にしてきた。

 能見は藤浪が1年目の2013年5月6日の巨人戦でプロ初本塁打を放ち、完投勝利を挙げる離れ業をやってのけた。後輩も続くように2年目の14年にプロ初アーチ、18年にはグランドスラム、そして昨年は甲子園で初の放物線を描いて勝利投手に輝いた。

 2人がにじませる“フルスイングの系譜”は、決して偶然ではないのだろう。 プロ2年目で、今季も抜群の安定感を誇示してローテーションの軸となっているのが伊藤将司も、酸いも甘いも知る左腕に小さくない影響を受けたひとりだ。

 20年に阪神を退団した能見とは入れ違いながら、今年1月には「能見さんは三振を取れる投手。自分もそうなりたい」と先輩の坂本誠志郎を通じて弟子入りを志願し、合同自主トレ参加にこぎつけた。

 思い切って飛び込んだ空間で手にしたのは、進化のヒント。とりわけ深く突き刺さったのは、当たり前のようにも思える「直球の重要性」だった。

「調子が悪い時はやっぱりストレートが軸になると教えてくれた。能見さんと話して、基本はストレートが大事なんだと感じた」

 伊藤将には1年目に苦い経験があった。疲労がピークに達しようかという夏場に原点を見失ったのだ。24歳の左腕は言う。「悪い時に変化球でかわそうという意識があった。調子が悪い時にどう原点に戻るかというのは分かっていなかった」と。

 能見はキャンプ中盤まで変化球を封印し、ブルペンでひたすら直球を投げ込む独自の調整法を貫いてきた。言うまでもなく、投球の軸となるからだ。直球あっての変化球。プロ18年目の大ベテランが言葉と行動で示す直球との向き合い方は、24歳の“道標”になった。
  調整法だけでなく、フォークの握りも教わった伊藤将は、いわゆる2年目のジンクスを感じさせない質の良い投球を今季も続けている。2年連続の2桁勝利も目前だ。少しの勇気を振り絞って生まれた能見との出会いは、阪神における「左腕エース」の系譜を継ぐ若虎の財産になった。

 決して多くを語るタイプではなく、どちらかと言えば背中で示すタイプだった。だが、それはメディアや筆者が目に見える範囲での話なのだろう。本人は口にしなくても、阪神の後輩たちの言葉に耳を傾ければ、「能見篤史」という存在は感じざるを得ないものがあった。

 梅野は言う。

「オリックスに行ってからも自分の状況を把握しながら電話をくれたり……。本当に何でも気にしてくれる。厳しさを与えてくれる、言ってくれるからこそありがたかった。野球人としても、人としても大好きな先輩なので」

 能見篤史。彼が“残したもの”は、これからも生き続け、甲子園で躍動する選手たちの活力になる。

取材・文●チャリコ遠藤

【関連記事】追い求めるのは“究極の一球”。最強投手陣をけん引する梅野隆太郎はなぜ阪神に残ったのか?「絶対にもっと強くなる」

【関連記事】異例だった開幕前の退任発表。矢野監督の言葉に「正直あまり聞きたくなかった」と漏らした虎戦士の掲げる想い

【関連記事】【2022ドラフト候補ランキング|1~10位】トップ2は矢澤&蛭間で変わらず。日本文理・田中も“二刀流”に可能性を秘める<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?