彼らはまだ折れてはいない――「異国のプロ野球への適応」に取り組む鈴木誠也と筒香嘉智の「リアルな今」<SLUGGER>

彼らはまだ折れてはいない――「異国のプロ野球への適応」に取り組む鈴木誠也と筒香嘉智の「リアルな今」<SLUGGER>

ともに侍ジャパンの4番を務めた鈴木(左)と筒香(右)。これまでの実績にあぐらをかくことなく、異国の地で奮闘している。写真:Getty Images、産経新聞社

マサチューセッツ州ウースターに建てられたポーラー・パークは、レッドソックス傘下3Aウースター・レッドソックスの本拠地として、2021年に開場した収容人員1万人足らずの小綺麗な球場だ。親チーム=レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークとは正反対に、レフトに比べてライトまでの距離が近いため、右翼側に濃紺の巨大なフェンスが設置されているのが特徴である。

 8月30日火曜日の昼下がり、そこにやって来たのは、ブルージェイズ傘下バッファロー・バイソンズの筒香嘉智選手だった。

「最初はちょっとキツイっていうか、ひっさしぶりに守ったんで、一塁とは全然、違う場所に張りが出ましたよ」と彼は言った。苦笑いしながらもどこか、楽し気な感じがする。「ひっさしぶり」と強調した部分に、パイレーツ時代のような一塁手ではなく、外野手として出場し続けているリアルな「今」が感じられた。

「マシンとかノックの球を取るぐらいは何ともないんですけど、(バットに)当たった瞬間の前か後ろかっていうのがまだぎこちないというか、瞬間的に分からない時がある。去年、(ドジャース傘下)オクラホマシティから上がった時、守備だけじゃなく、メジャーでは(照明が明るく)打席でもボールが見やすいなって感覚になったんですが、外野を守ってみて(マイナーの照明は)本当に暗いなと思います」
  日本プロ野球出身の選手がメジャーリーグで自由契約になる度、我々メディアは、「日本球界復帰も視野?」という原稿を書く。本人の意向をまったく反映しない、「一つの可能性」としての話なのだが、実際、秋山翔吾(現広島)のようにそうなったケースもある。筒香がパイレーツから自由契約になったのは日本プロ野球の移籍期限の後だから、シーズン中に帰国する可能性は最初からなかったわけだが、今オフを含む「今後」の動向が気になる。

「来年のことはまったく考えず、今年メジャーに戻るにはブルージェイズが一番という判断でしたね。(メジャーに昇格できるかどうかは)僕にはどうしても左右できない部分がある。もちろん、打ってなければ上に呼ばれる可能性はゼロなんですけど、打っていてもチーム事情で呼ばれないこともあるし、その辺は今、マイナーにいる現状で、出来ることを毎日やるだけかな」

 筒香の「メジャー挑戦」は、すでに山あり谷ありとなっている。DeNAからレイズへ移籍した20年、パンデミックにより大幅短縮された公式戦60試合で、いきなりリーグ優勝、ワールドシリーズ出場を果たした。ドジャースにトレードされた2年目は打撃不振もあって自由契約となったものの、新天地パイレーツでは43試合で打率.268、8本塁打、25打点、OPS.883と、侍ジャパンの主砲の実力を発揮した。 勝負の3年目。開幕直後から腰痛に悩まされたこともあり、.171と苦しんで8月にパイレーツから自由契約となり、ブルージェイズのマイナーから再出発した。

「もちろん、今年は良い成績を出したいと思ってスタートしたシーズンなんですけど、自分からしたら、まだまだ。まだ足りないんだなって感じなんです。ですからまた、オフシーズンに課題に取り組んで、来年を迎える感じですかね」。

 忸怩たる思いもあるだろうが、それが彼の口から出ることはない。

「今までの人生で、すぐにうまくいったっていう経験がない。僕は時間かけてでもちょっとずつ、根気良く続けることによって何かが見えてくるタイプ。もちろん、すぐパッとできるに越したことはないし、そうしに行くんですけど、そういうことも理解しながら、今、やれることを目の前のことを全力でやるって感じですかね」
  今、やれること=今まで信じてやってきたことの継続。マイナーリーグでシーズン終盤を迎えている彼の立ち位置を考えれば、未来はあまり明るくないようにも思えるが、「それもまた、一つの野球人生」と考えているような感じだった。

 それから約1週間後、カブスの本拠地リグリー・フィールド。試合開始まで、まだ4時間はあろうかという頃、外野の芝の上をトレーナーと一緒に気持ち良さそうに歩いている鈴木誠也外野手がいた。

 彼の「メジャー挑戦」もまた、山あり谷ありとなっている。

 MLB機構のロックアウトでキャンプが短縮され、開幕も遅れた1年目のシーズン。鈴木は開幕6試合で打率.412、3本塁打、5打点の好成績を挙げて週間MVPを受賞した。徐々に成績が下降していた5月、二塁へ盗塁した際に左手薬指をベースに強打して負傷者リスト入り。およそ1か月のリハビリを経て、7月4日に復帰した。

 9月6日のレッズ戦の5回、鈴木は甘い速球を叩いて、左中間スタンドに今季11号本塁打を放った。メジャー1年目の日本人野手としては、新庄剛志(01年メッツ)、先頃、同じカブスの福留孝介(08年)、青木宣親(12年ブルワーズ)の10本を抜いて歴代単独5位に浮上した。
 「(シーズンの)最初は勢いだけでどうにかなってましたけど、環境の違いはずっと感じていた。日本とのギャップだったりというのは今でも感じていますが、それなりに慣れてきたのかなっていう風には感じるので、打席の中でも冷静に、(最初の)1打席の凡退だったりを自分の中で修正しながら、打席に立てている。そういったところはどんどん成長しているのかなと思いますけど、今日の本塁打で『つかんだ』とか、そういうことはないのかなと思います」

 ようやく「異国でのプロ野球」に慣れつつも、『たかが1本の本塁打』ときっぱり言ったところに、鈴木にとってのリアルな「今」を感じた。ロックアウトとキャンプの大幅短縮、開幕遅延という異常事態で始まった今季、彼は打席で対戦する投手の手足の長さや、彼らが繰り出す球の質や球筋の違い、極端な守備シフトや審判ストライクゾーンのバラつき、チームより個人のパフォーマンスといった野球そのものの違いの他に、練習時間の短さや内容、移動距離の長さと最大3時間の時差など、ゲーム以前の準備段階から、日本とはまったく違う物事への適応を求められてきた。「いろいろな調整法だったりを、こっちに来てから試してきた。試合前にうまく入っていくまでの準備段階で試していることが、ちょっとずつ、何となく、分かってきたかなって思う。最初はそこに戸惑って、どういうことをしたらいいんだろうと考えました。こっちでは、日本ではあり得ないですけど練習のない日も結構あるので、そういうところでの調整法がすごく難しくて、何もしないで試合に入った日もありましたし、それだとやっぱり体が動かなかったりとか、いろいろ試して失敗しながら繰り返してきました。そういった意味では後半に来て、いい調整ができていると思う」

 鈴木と筒香には、お互いに立ち位置は違えど共通点がある。それは彼らが「異国のプロ野球」に適応するために試行錯誤を繰り返し、ただひたむきに「今、やれること」を継続しているということだ。 鈴木は怪我から復帰後の63試合で打率.275、9本塁打、24打点、OPS.764と安定した成績を残し、筒香もバッファローでの23試合で5本塁打を放つなどして、2度に渡ってチームの週間最優秀選手に選出されるなど、打撃の調子を取り戻りつつある。

 思えば、大谷翔平(エンジェルス)も1年目のオープン戦では苦戦したし、その後も山あり谷ありの時期があった。それでも、新人王を獲得した大谷に比べれば、1年目の鈴木や3年目の筒香が「異国でのプロ野球」への適応に時間がかかっているのは事実だが、「メジャーで通用しない」などと決めつけるタイミングではない。 彼らはまだ、負けてはいない。

 彼らはまだ、折れてはいない。

 日本時代の活躍を知っているがゆえに、2人の苦戦が長引いていることをもどかしく思う人々にこそ、彼らのリアルな「今」を、我慢強く見守り、心のどこかで応援してほしいと思う――。

文●ナガオ勝司

【著者プロフィール】
シカゴ郊外在住のフリーランスライター。'97年に渡米し、アイオワ州のマイナーリーグ球団で取材活動を始め、ロードアイランド州に転居した'01年からはメジャーリーグが主な取材現場になるも、リトルリーグや女子サッカー、F1GPやフェンシングなど多岐に渡る。'08年より全米野球記者協会会員となり、現在は米野球殿堂の投票資格を有する。日米で職歴多数。私見ツイッター@KATNGO

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?