大谷翔平も思わず「ノーッ!」と絶叫! 降板直前に投じた渾身の一球が物議。米記者は「明らかに三振だった」と訴え

大谷翔平も思わず「ノーッ!」と絶叫! 降板直前に投じた渾身の一球が物議。米記者は「明らかに三振だった」と訴え

雨や寒さに苦戦をしながらも踏ん張っていた大谷。そんな彼に下された“ジャッジ”が波紋を広げている。(C)Getty Images

1点差で無死一、二塁のピンチ。苦しいマウンドを余儀なくされていた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。だからこそ、“ラストボール”に対する球審の判定には、叫ばずにいられなかった。

 物議を醸しているのは、現地時間9月23日に敵地で行なわれているミネソタ・ツインズ戦での一コマだ。この日に今季26度目の「リアル二刀流」で、先発マウンドに立った大谷は5回まで1失点と好投。気温12度で、雨が降りしきる悪天候下での投球を余儀なくされたなかでも、なんとか踏ん張っていた。

 そうしたなかで6回に迎えたのが、先述のピンチだった。球数も増えていたなかで、先頭からヒットと四球で苦しい場面を迎えた背番号17は、相手6番のゲリー・サンチェスと対峙する。

 エンジェルスベンチが中継ぎ投手を用意させ、交代に向けた動きを見せるなか、大谷もギアを入れ、サンチェスに強打を許さない。そしてカウント3-2から投じた6球目だった。「オラァッ」と叫びながら投じた渾身の1球は、92.6マイル(約149キロ)のカッター。これにサンチェスも手が出ずにインローへズバッと決まったかに思われたが、ハンター・ウェンデルステッド球審は「ボールフォア(四球)」を宣告。判定が下された瞬間、大谷は「ノーッ!」と叫びながら頭を抱え、思わず苦笑いを浮かべた。
  普段はクレバーな大谷がジャッジに食らいつくほど際どいジャッジ。それゆえに、ここでフィル・ネビン監督代行に降板を命じられた際の表情は苦々しいものとなった。

 公式チャート上では、ストライクゾーンに入っている1球だった。ゆえに判定は小さくない物議を醸している。米メディア『The Athletic』などに寄稿するブレント・マグワイア記者は、自身のツイッターに話題のチャート画像を掲載したうえで、「ショウヘイの夜が終わったのは、明らかにストライクの3球目だった。6回にひとつのアウトも取れなかった彼にとっては厳しすぎる幕引きだ」と手厳しく言及した。

 もっとも、このまま終わらないからこそ、大谷は「偉才」と称えられる。降板後にチームが3対2とリードした7回に2死一、二塁で打席に立つと、センター前にタイムリーヒットを記録。今季の打点数を「90」にまで伸ばすとともに、試合の趨勢を定める一打を放ったのである。

 投手としては判定に悩まされる降板を余儀なくされたものの、打者として見せ場を生む。このツインズ戦で見せた一連のパフォーマンスは大谷“らしさ”が垣間見えるものでもあった。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「俺は心から尊敬する」“カリスマ遊撃手”コレアが大谷翔平に最敬礼! 異次元の二刀流に「なぜできるのか分からない」と脱帽

【関連記事】「オオタニは最高ではない」米専門局キャスターがジャッジのMVPを主張!“同時受賞案”には「真価を認めないことになる」と異論

【関連記事】「数字は遥か上だ」“宿敵”ゲレーロJr.はジャッジのMVPを推す!「オオタニなら、またかすめ取られる」と持論

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?