プレーの主導権を再び選手たちの手へ――ピッチクロックやシフト禁止は行き過ぎたデータ野球への“防御壁”になるか<SLUGGER>

プレーの主導権を再び選手たちの手へ――ピッチクロックやシフト禁止は行き過ぎたデータ野球への“防御壁”になるか<SLUGGER>

以前からシフトの規制を訴えていたリンドーア。ピッチクロック導入を含む今回のルール変更には諸手を挙げて賛成のようだ。(C)Getty Images

2023年から、MLBではいくつかのルールに変更が加えられる。1つは極端な守備シフトの禁止。2つはピッチクロック導入による投球時の秒数制限、および牽制回数の制限。3つ目はベースのサイズの拡大である。これらのルールは、実際の試合にどのような影響を及ぼすのだろうか。

 まずシフト禁止だが、投手が球を投げるまで内野手の守備位置は外野の芝より内側となる。また、二塁ベースを挟んで両側に2人ずつが守らなければならなくなる。近年のMLBでは引っ張り傾向の強い左打者に対して、内野手を二塁の右側に3人(極端な場合は4人)、右打者なら左側に3人を配置することが多かった。通常なら一・二塁間を抜けるような、左打者が強烈に引っ張った打球を、内野と外野の境目のあたりへ動いていた遊撃手がさばいて“ショートゴロ”とする光景もしばしば見られた。フライ打球が多い長距離砲が打席に入った際には、内野の1人を外野に回す4人外野シフトが敷かれるケースもあったが、来季からはこれも禁止される。
  これにより、プルヒッターの安打は確実に増えるだろう。21年には、フレディ・フリーマン(投手ブレーブス/現ドジャース)は、シフトによって41本もヒットを損していた。シフトの逆に飛んでヒットになった打球も31本あったのだが、差し引き10安打を失い、シフトがなければ単純計算で打率は.300から.317にまで上がっていたことになる。フリーマン以外にも、マット・オルソン(ブレーブス)やヨルダン・アルバレス(アストロズ)、そして大谷翔平(エンジェルス)のように、日常的にシフトを敷かれている打者の打率は間違いなく向上するはずだ。

 守備側から見ると、近年はシフトを敷くことを前提として、守備力より打力を優先して起用される二塁手も増えていた。守備範囲が狭くても、“補助”してくれる野手がもう一人いるからそれが可能だったのだ。しかし、来季以降は動きの悪い選手が二塁を守っていると、明らかにマイナスになる。以前のような好守の二塁手に復権のチャンスが生まれるわけだ。

 ピッチクロック導入とベースの拡大は、どちらも機動力野球の復活を促すと考えられる。投手は無走者時に15秒以内、走者がいる際には20秒以内の投球が義務づけられ、違反時には1ボールとなる(打者も残り8秒時点までに打席に入っていないと、1ストライクを科せられる)。牽制は1打席につき3回目までに刺せなかった場合、ボークとして扱われる。これらはいずれもロブ・マンフレッド・コミッショナーがご執心の、試合時間短縮策の一環である。 すでにこのルールが導入済みのマイナーリーグでは、平均30分近く短縮されたという結果を受け、MLBでも実施に踏み切ることになったのだ。ボークになる危険を冒してまで3回目の牽制を試みようとは、多くの投手は考えないだろう。必然的に2回目の牽制後は走者へのマークが甘くなると思われるし、最初から牽制そのものを諦める投手も増えるのではないか。

 ベースは現状の15インチ(38cm)四方から18インチ(46cm)四方へ拡大される。走者の安全を考慮して決められたもので、実質的にこれまでより大きなリードが取れることにもなる。数cm大きくなる程度で本当にそんな効果があるのか、と思われるかもしれないが、これもマイナーでの実験で検証されている。

 近年、アメリカではセイバーメトリクスの研究などから「盗塁はリスクが大きい作戦」との認識が浸透している。MLBの総盗塁数は01年の3103個から、20年後の21年には2213個と30%近くも減少していた。ここ5年間は、盗塁王ですら年間50個未満にとどまっている。だが、今回のルール変更によって、その傾向に歯止めがかかると思われる。

 また、盗塁数減少によって、捕手に求められる能力も肩の強さよりフレーミング技術が重視されていたが、こちらも昔ながらの強肩捕手が脚光を浴びるようになるかもしれない。 今回のルール改正は、MLB機構が推し進める「球界改革」の一環でもある。かつてGMとしてレッドソックスとカブスを世界一に導き、現在はコミッショナー事務局のコンサルタントを務めるセオ・エプスティーンは就任当時「試合におけるアクションを増やすこと、ボールがもっとグラウンド上に飛ぶようにすること、選手たちの身体能力を発揮できるようにすること、ファンが求めているものを提供すること」を目標として掲げていた。

 データによって導き出された効率的な作戦を重視するあまり、選手間、チーム間というよりも「各球団のデータ分析部同士の戦い」になっているとの批判もあった近年のMLB。新ルールは総体的に「昔の野球」への回帰を促すものになっている。実際、好守の遊撃手として知られるフランシスコ・リンドーア(メッツ)は今回のルール改正について「どの変更点も気に入っている。全体的にもっと攻撃的になるだろうし、守備でも驚くようなプレーが増えるんじゃないか」と前向きに捉えている。

「選手たちがプレーの主導権を再び握れるようにしたい。データ分析がグラウンドに侵入しすぎないようなファイヤーウォールを構築しよう」と語っていたエプスティーン。来季からのMLBがどう変わるのか注目だ。

文●出野哲也

【著者プロフィール】
いでの・てつや。1970年生まれ。『スラッガー』で「ダークサイドMLB――“裏歴史の主人公たち”」を連載中。NBA専門誌『ダンクシュート』にも寄稿。著書に『プロ野球 埋もれたMVPを発掘する本』『メジャー・リーグ球団史』(いずれも言視舎)。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?