MVPは苦境を支えた怪物!? 大谷翔平の“二刀流”を好評価も、米記者は「最も価値がある」を理由にジャッジを推薦

MVPは苦境を支えた怪物!? 大谷翔平の“二刀流”を好評価も、米記者は「最も価値がある」を理由にジャッジを推薦

大谷(左)の“二刀流”としての活躍は現地でも高く評価されている。しかし、ある米紙はジャッジ(右)がMVPだと主張した。(C)Getty Images

ニューヨーク・ヤンキースの主砲アーロン・ジャッジの勢いは、シーズン終盤に入ってから勢いを増している。ゆえに今季のアメリカン・リーグMVP争いでも優位に立つと目されている。

 往年の大打者であるロジャー・マリスが打ち立てたア・リーグ最多本塁打記録(61本)まであと1本に迫る60発を放つ「怪物」ジャッジ。今季の彼はさらに128打点(MLB1位)、打率.315(AL4位)とハイアベレージを叩き出し、三冠王をも狙える位置で、レギュラーシーズンの最終局面を迎えている。

 そんな彼にMVP争いで対抗しているのは、昨季MVPの大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)だ。今季も投打で異彩を放つ28歳のサムライは、投げては14勝(AL3位タイ)、防御率2.47(AL5位)、203奪三振(AL3位)を記録。打っても34本塁打(AL10位)、90打点、OPS.892(AL8位)という圧巻の成績を残している。

 どちらも甲乙はつけがたい成績ではある。しかし、米紙『Star Tribune』のパトリック・ロイス記者は、「ユニークさと高い才能を持つオオタニを支持する意見を目にするが、MVPは年間優秀選手ではない。MVPは『最も価値がある選手』を選ぶものだ」と断言。そして、ジャッジ優位の見解を明らかにしている

 もっとも、同記者は一方的に大谷のMVPを否定するわけではない。次のように“二刀流スター”の力量を絶賛してもいる。
 「ジャッジは外野手として、オオタニは投手とDHで、ともに金曜日の夜に146試合目の出場を果たしたことに驚く。オオタニは先発の日は投手兼DHで、それ以外の日はDHで体力的にどうこなしているのか。野球観戦者の度肝を抜いているはずだ」

 だが、「ヤンキースは30試合以上の貯金がある一方、エンジェルスは20ゲームほどの借金なの事実は、議論を揺さぶることが許される」と述べたうえで、「ヤンキースは数多くの怪我人が出て、ジャッジはそんな彼らに囲まれたラインナップもあった」と苦しい時期をジャッジが支えたことを強調した。

 大谷の力をもってしても勝利に恵まれないエンジェルス。あくまでひとつの意見に過ぎないが、ジャッジが優位に立っている。終盤戦での大逆転劇は果たしてあるだろうか……。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「正気の沙汰じゃない」大谷翔平が成し遂げた“200奪三振&30HR”の快挙に米メディア驚愕!「世界の不思議だ」

【関連記事】大谷翔平も思わず「ノーッ!」と絶叫! 降板直前に投じた渾身の一球が物議。米記者は「明らかに三振だった」と訴え

【関連記事】ゲレーロJr.のジャッジ推挙に米識者が異論! 辛辣内容に非難の声も「オオタニはどういうわけか過小評価されている」と主張

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?