「オオタニより速い選手はいない!」米データ社が大谷翔平のスピードに驚愕! 今季439選手中1位となった記録に注目

「オオタニより速い選手はいない!」米データ社が大谷翔平のスピードに驚愕! 今季439選手中1位となった記録に注目

大谷のスピードに米データ社も注目。一塁到達の速さは今季のMLBでナンバーワンだという。(C) Getty Images

2WAYスーパースターの“スピード”に米データ社が注目している。

 今季もここまで二刀流でハイレベルなパフォーマンスを披露しているロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平。打っては打率.270、34本塁打、92打点(現地9月24日時点)、投げても14勝(8敗)、防御率2.47と投打両面でランキング上位の成績を残している。史上初の投打ダブル規定到達にも、あと9イニングを投げれば達成というところまで来ている。

【動画】大谷翔平の驚愕のスピードに相手選手も呆然! しかし、このほど米データ社「CODIFY」は、この“投打”以外での大谷の高い能力に着目。同社公式ツイッターでは「今シーズン、439人のMLB選手が35回以上、一塁までを駆け抜けた」とし、そのなかで、「大谷翔平よりアベレージの速い選手はいない! 4.07秒!」と綴り、大谷の驚異的な走力を明らかにしている。

 さらに、続けて今季のホームランランキング上位選手の一塁到達までの平均タイムを紹介。大谷の4.07秒に続くのはエンジェルス同僚マイク・トラウトの4.28秒。俊足巧打のロサンゼルス・ドジャースのムーキー・ベッツも4.47秒と大谷よりコンマ4秒遅く、大谷とMVPを争うアーロン・ジャッジも4.66秒と大きく水を開けられている。

 投稿では、現地9月20日のテキサス・レンジャーズ戦での一塁内野安打の映像も紹介されており、大谷の圧倒的なスピードが内野守備の連係を凌駕している。

 投打両面の能力に加え、“走力”面のポテンシャルも改めて確固たる数字によってクローズアップされている。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】大谷翔平が叩き出したマイケル・ジョーダン超えの数値に海外メディアも注目!「彼は二刀流の意味を全く別の次元に押し上げた」

【関連記事】ゲレーロJr.のMVP考察に米分析家が意見! “ジャッジの数字が上”発言に反論「オオタニはオールスター級の打者で、サイ・ヤング候補」

【関連記事】13勝&34本塁打の“規格外”ぶりに最敬礼! 米識者が大谷翔平の凄みを熱弁「単なる最高じゃない。史上最高なんだ!」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?