エ軍、昨季上回る86敗目に米メディアは「ため息」。大谷翔平とトラウトがマルチ打点を記録した試合で今季初の敗北

エ軍、昨季上回る86敗目に米メディアは「ため息」。大谷翔平とトラウトがマルチ打点を記録した試合で今季初の敗北

エンジェルス打線を牽引する大谷(左)とトラウト(右)のふたりだが、彼らの力だけでは勝利も覚束ないようだ。(C) Getty Images

昨季以上の苦境に米メディアからため息が漏れている。

 現地時間9月24日、前日に投手としてメジャー自己最多の14勝目(8敗)を挙げたロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地ミネソタ・ツインズ戦に「3番・DH」でスタメン出場し、3回の第2打席で2点タイムリーを放つなど、5打数1安打2打点と活躍。連続試合安打を「10」に伸ばしたが、チームは勝利を飾れず、4対8の敗戦を喫した。

【動画】大谷翔平、鋭い打球で10戦連続安打となる2点タイムリー!
 すでに今季、プレーオフ進出の可能性が消滅してしまっているエンジェルス。シーズンの開幕ダッシュこそ成功し、一時はアメリカン・リーグ西地区の首位に立っていたものの、5月下旬から球団ワーストの14連敗を記録。6月にジョー・マドン前監督を解任した後も、チームの状況はなかなか改善されず、現時点で66勝86敗という不本意なチーム成績となっている。

 こうした結果を受け、米放送局『ESPN』のデータ部門『Stats & Info』は試合後、公式ツイッターを更新。「エンジェルスが今夜、今季86敗目を喫し、昨年の総敗戦数を上回った」と呟いた上で、「ショウヘイ・オオタニとマイク・トラウトがそれぞれマルチ打点を記録した試合で、エンジェルスは今季初の敗北を喫した」と伝えている。

 さらに、この投稿を米スポーツ誌『The Sporting News』の公式ツイッターが引用すれば、名物記者であるライアン・フェイガン氏は、思わず「ため息」とツイート。米メディア『Gold and Blue Nation』のレポーターを務めるライアン・デッカー氏も、「トラウトとオオタニをエンジェルスから引き離せるなら、1年間ピザを諦めるよ。これは冗談じゃない」と反応した。

 これで今季もあと10試合。残る興味が個人成績に集中しているだけに、今後の大谷のさらなるハイパフォーマンスを期待したい。

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】大谷翔平が叩き出したマイケル・ジョーダン超えの数値に海外メディアも注目!「彼は二刀流の意味を全く別の次元に押し上げた」

【関連記事】ゲレーロJr.のMVP考察に米分析家が意見! “ジャッジの数字が上”発言に反論「オオタニはオールスター級の打者で、サイ・ヤング候補」

【関連記事】13勝&34本塁打の“規格外”ぶりに最敬礼! 米識者が大谷翔平の凄みを熱弁「単なる最高じゃない。史上最高なんだ!」

関連記事(外部サイト)

  • 1

    エンゼルスは投手が悪いのか?バッターが悪いのか・・ 両方だね・・・ 身売りして立て直すしかないかな?

すべてのコメントを読む