ジャッジの62号記念球は3億円?所有権をめぐって法廷闘争、コレクターが“球質交渉”を展開――MLB本塁打ボール狂騒曲<SLUGGER>

ジャッジの62号記念球は3億円?所有権をめぐって法廷闘争、コレクターが“球質交渉”を展開――MLB本塁打ボール狂騒曲<SLUGGER>

ロドリゲス(右)の3000安打記念ボールを返却する“ホームランボール・コレクター”のテンプル(左)。記念ボールを返す見返りにさまざまな条件を要求した。(C)Getty Images

現地9月23日、今季限りでの引退を表明しているカーディナルスのレジェンド、アルバート・プーホルスがドジャース戦で史上4人目となる通算700号本塁打を放った。敵地ドジャー・スタジアムのレフトスタンドに高々と弧を描いて打球が飛び込んだ瞬間、敵も味方も関係なく、誰もが快挙を祝福した。

 だが、その記念ボールは今のところ、プーホルスの手には戻っていない。キャッチしたファンは、「ボールをプーホルスに返却する気はない」との意向を示しているという。

 選手にとって大事な記念ボールを、ファンが自分の所有物にしてしまうというのは、日本ではあり得ない話だ。村上宗隆(ヤクルト)が9月13日に放ったシーズン55号をキャッチしたヤクルトファンの高校生は、「日本球界の歴史。返さないわけにはいかない」と速やかに球団へ返却している。
  だが、アメリカでは少々事情が異なる。なぜなら、大記録達成にまつわる記念ボールには、莫大な価値がつくからだ。

 古くは、1961年にロジャー・マリス(当時ヤンキース)が、ベーブ・ルースの記録を破るシーズン61号を放った際、その記念ボールには5000ドル(当時のレートで約180万円)の価値が付いた。

 また、1998年にマーク・マグワイア(当時カーディナルス)が放ったシーズン70号の記念ボールは、オークションで300万ドル(約3億円)で落札された。マグワイアのステロイド使用が判明した今では価値が大暴落しているが、それでも25万ドル(約2700万円)程度の値はつくと言われている。いうなれば、記念ボールをキャッチすることは文字通り一攫千金と同義なのだ。

 このような事情もあって、本塁打の記念ボール争奪戦は日本とは比較にならないほどヒートアップする。ボールの「所有権」をめぐって裁判沙汰に発展したことすらあるのだ。
  事件の中心となったのは、2001年にバリー・ボンズ(当時ジャイアンツ)が放ったシーズン73号の記念ボールだ。スタンドに飛び込んだボールは奪い合いの中で、幾人かのファンの手を経由してから、一人のファンが持ち帰った。だが、後になって「自分が最初にキャッチした」と主張するファンが、「所有者」のファンを提訴したのだ。訴訟大国アメリカを象徴するようなこの事件は、『100万ドルのホームランボール』(原題:『Up For Grabs』)のタイトルでドキュメンタリー映画にもなった。

 おまけにアメリカには、“ホームランボール・コレクター”なる人物まで存在する。少なくないファンや記者から蛇蝎のごとく嫌われているザック・ハンプルだ。、本人いわく「これまでに12000個以上のホームランボールをキャッチしてきた」。その中には、マイク・トラウト(エンジェルス)のメジャー初本塁打や、アレックス・ロドリゲスの通算3000安打目となった本塁打のボールも含まれている。特に後者については、ひと騒動あったことで有名だ。

 15年6月19日、当時ヤンキースにいたロドリゲスが本拠地ヤンキー・スタジアムのライトスタンドへ叩き込んだこのボールを、テンプルは見事キャッチした。しかし試合後、テンプルは「このボールは返さない」と強硬に拒否。記念ボールが欲しいロドリゲスとヤンキースは、テンプルに対して返還交渉を行った。

 交渉の末、テンプルは数々の条件を引き出した後で、ようやく記念ボールを返却することに同意した。その条件とは、①ハンプルが支援する団体にヤンキースが15万ドル(約1850万円)を寄付する ②ロドリゲスのサイン入りユニフォーム、サイン入りバット(1本には「ナイスキャッチ」というメッセージが書かれていた)、ヤンキー・スタジアムのバックステージを見学できるVIPツアー、この年のオールスターのチケットをテンプルに提供する……などだ。まるで人質ならぬ”球質交渉”のようだが、これは本当にあった話である。
  同様にファンが返却しないことを表明している700号については、プーホルス本人は「記念ボールはファンのものだ」と気にしていない様子だが、MLBでは今季、もう一つ莫大な価値がつくとみられるメモリアル・アーチがある。言わずと知れたアーロン・ジャッジ(ヤンキース)のシーズン62号だ。

 9月21日にジャッジが放った60号は、キャッチしたヤンキースファンの大学生が1セントの見返りも求めず、即座に球団へ返却した。この時、SNSで「信じられない善行だ」「僕なら一晩中だって値段交渉するよ」と話題になった通り、ジャッジの62号ボールには、プーホルスの700号ボール以上の価値が付くと言われている。米メディア『Fox Business』の試算によると、プーホルスの700号は10万ドル(約1400万円)で、ジャッジの62号は約250万ドル(約3億6000万円)の価値があるという。

 やはり10万ドル(約1400万円)の値が付くと言われた60号は、ファンの善意によって速やかに戻ってきた。だが、その25倍の値が付く62号のホームランボールはどうなるのか。ジャッジの記録達成もさることながら、記念ボールをめぐる“狂騒曲”にも注目したい。

構成●SLUGGER編集部
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?