ついに61号だ! ジャッジが敵地での圧巻弾でマリスのア・リーグ年間最多本塁打に到達で米も反響「美しい瞬間」

ついに61号だ! ジャッジが敵地での圧巻弾でマリスのア・リーグ年間最多本塁打に到達で米も反響「美しい瞬間」

ようやく61本塁打を放ったジャッジ。(C)Getty Images

球史に残る金字塔に、ニューヨーク・ヤンキースの“怪物スラッガー”がついに並んだ。

 現地時間9月28日に敵地で行なわれているトロント・ブルージェイズ戦に「1番・センター」で先発したアーロン・ジャッジ(ヤンキース)は、7回表の第4打席に2ランホームランをマーク。これがアメリカン・リーグのシーズン最多記録に並ぶ61本目となった。

 歴史の扉は緊張感のある攻防戦のなかでこじ開けられた。3対3で迎えた4度目の打席だ。無死一塁の局面で相手左腕のティム・メイザと対峙したジャッジは、8球も粘った末のフルカウントから投じられたど真ん中へ甘く入ったシンカーをジャストミート。快心の当たりで打ちあがり、打った瞬間にそれを分かる打球は、レフトスタンドに着弾した。

「チームの勝利のためなら、4つの四球を取るよ」

 前日には、そう笑顔で語っていたジャッジ。60本目を打ってから8試合も足踏みが続いていたが、ようやく大記録は達成された。
  敵地のファンをも熱狂させた。そんな往年の大打者であるロジャー・マリスが61年前に打ち立てた偉業に並んだジャッジには、現地識者からもさっそく賛辞が相次いでいる。

 米放送局『ESPN』のバスター・オルニー記者は「マリスの息子さんも誇りに思うはずだ。なんという品格だ」と絶賛。そして、米放送局『FOX Sports』のアナリストを務めるベン・バーランダー氏も「これはジャッジにとって、ヤンキース・ファンにとって、野球ファンにとって、美しい瞬間だ。本当におめでとう!」と賛辞を送った。

 61年間、ア・リーグでは並び立つものすらいなかったマリスの記録。これに並んでみせたジャッジの快進撃は、間違いなく“価値ある”ものになったはずだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「正気の沙汰じゃない」大谷翔平が成し遂げた“200奪三振&30HR”の快挙に米メディア驚愕!「世界の不思議だ」

【関連記事】大谷翔平も思わず「ノーッ!」と絶叫! 降板直前に投じた渾身の一球が物議。米記者は「明らかに三振だった」と訴え

【関連記事】ゲレーロJr.のジャッジ推挙に米識者が異論! 辛辣内容に非難の声も「オオタニはどういうわけか過小評価されている」と主張

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?