ノーヒッター未遂も“大投手”ライアンの記録に並ぶ! 大谷翔平の快投に米識者から賛辞止まず「次世代でやれる選手はいない」

ノーヒッター未遂も“大投手”ライアンの記録に並ぶ! 大谷翔平の快投に米識者から賛辞止まず「次世代でやれる選手はいない」

アスレティックス打線を見事にねじ伏せた大谷。そのピッチングに賛辞が止む気配がない。(C)Getty Images

割れんばかりの「MVPコール」が巻き起こるなか、MLBで唯一無二の二刀流戦士が歴史を紡いだ。

 現地時間9月29日、本拠地で行なわれたオークランド・アスレティックス戦で、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は「3番・DH兼投手」で先発登板。8回2死までノーヒットノーランを続ける快投を見せるなど、無失点、被安打2、10奪三振という内容で降板。自己最多を更新する15勝目を挙げた。

 大記録が阻まれたのは、機運が高まっていた8回2死の場面。コナー・カペルが放った打球がショートを守ったリバン・ソトのグラブを弾くと、スコアボードには「H」のランプが灯った。しかし、ここでも大谷は冷静さを失わなかった。直後のデルミス・ガルシアにはレフトにクリーンヒットを許したが、続くシェイ・ランガリアーズをサードゴロに仕留めて無失点で抑えたのである。

 惜しくもノーヒッターは達成できなかった。しかし、この日に打っても14試合連続安打となるタイムリーヒットをマークしていた背番号17の凄みを目の当たりにした本拠地エンジェル・スタジアムのファンは万雷の拍手を送った。

 史上初の投打の規定到達も残り1イニングを残して持ち越しとなった。しかし、今季も数多の記録を打ち立ててきた大谷は、この試合でもMLB史に残る数字を残した。というのも、8回に10個目の三振を奪ったのだが、これでノーラン・ライアンとフランク・タナカに並ぶ球団史上3人目の1シーズンに2桁奪三振を10度も達成した投手となったのである。
  またしても、往年の大投手であるライアンと肩を並べる記録を残した大谷。ノーヒッターはならずとも、自身の価値を示すには十分すぎる結果だと言える。無論、この偉業には、現地の記者たちも驚くばかりだ。

 地元ラジオ局『KLAA』のリポーターを務めるトレント・ラッシュ氏は「これでMVPに十分な説明がないというのなら、私はあなたを助けることはできない。これは誰にもできないんだ。現球界ではほぼ何もかもが唯一無二のことなんだ」と絶賛。さらに常日頃からMLBのあらゆるデータを発信しているジェレミー・フランク氏は、「ショウヘイは本当に信じられない」とし、次のように続けた。

「いうなれば、ステフィン・カリーのように魅力が溢れた選手で、世代を超えて、孫の代まで語り継がれる選手だ。この2シーズンにショウヘイがやってのけたことは、次世代でやれる選手は誰もいないと思う」

 投打で史上最高の選手に値するレベルに達した感がある大谷。彼の一挙手一投足は引き続き興味深く見守りたい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「まさに前人未到なんだ!」ダブル規定到達の偉業に迫る大谷翔平にエ軍2大レジェンドが最敬礼!「ただただ信じられない」

【関連記事】「慣れてしまうのは簡単だ」大谷翔平を“熟知”する女房役スタッシが語った二刀流「軽視されているように思う」

【関連記事】「俺は心から尊敬する」“カリスマ遊撃手”コレアが大谷翔平に最敬礼! 異次元の二刀流に「なぜできるのか分からない」と脱帽

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?