代打のサヨナラ弾で21年間の悪夢をついに払拭! マリナーズが2001年以来のポストシーズン進出決定

代打のサヨナラ弾で21年間の悪夢をついに払拭! マリナーズが2001年以来のポストシーズン進出決定

あまりに劇的な形でプレーオフ進出を決めたマリナーズ。2001年以来の大舞台で暴れることはできるか。(C)Getty Images

悪夢の終焉は、あまりに劇的な形で終わりを告げた。

 メジャーリーグは現地時間9月30日、シアトル・マリナーズ対オークランド・アスレティックスの試合が行なわれ、マリナーズが2対1でサヨナラ勝利。現在メジャーワーストとなる21年連続で逃していたポストシーズンへの進出を決めた。

 勝てば、2001年以来の大舞台出場が確定できるこの試合。マリナーズは初回に先頭から2者連続ヒットで幸先よく先制する。しかし、2回表に1点を返されると、マリナーズは何度もチャンスを作りながらも1点が遠い展開で9回を迎える。2連続三振で延長戦か……という空気が漂ったなか、一振りですべてが歓喜に変わる。
【動画】劇的エンディング! 9回2死から代打サヨナラ弾でマリナーズがプレーオフ進出
  ここで代打で登場したのが、ここまで25本塁打を放っている大型捕手のカル・ラレー。カウント2―2から2球粘っての7球目、インコース低めのスライダーを振り抜いた打球はぐんぐん伸びて右翼ポールに直撃。信じられない形での代打サヨナラ本塁打でマリナーズが勝利したのだ。

 序盤はやや低調だったマリナーズだが、新星フリオ・ロドリゲスらが台頭し、7月には14連勝をマーク。さらに夏のトレード・デッドラインでも大物右腕ルイス・カスティーヨを加えるなどして、チームを取り巻く空気は高まっていた。そしてこの日は、21年間の悪夢を最高の形で払拭。

 21年ぶりのポストシーズンに、マリナーズがダークホースとして乗り込むかもしれない。これでア・リーグのポストシーズン進出チームは確定。地区優勝したニューヨーク・ヤンキース、クリーブランド・ガーディアンズ、ヒューストン・アストロズの3チームに、トロント・ブルージェイズ、タンパベイ・レイズ、シアトル・マリナーズがしのぎを削る。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】イチローからロドリゲスへ目に見えないバトンが渡された日。マリナーズ「新時代」到来を告げる号砲が鳴り響いた<SLUGGER>

【関連記事】「見ていて、本当に面白い」イチローを唸らせる俊英ロドリゲス。新人ながら最大18年646億円の契約はもはや当然?

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?