トラウトがリーグMVP論争に独自見解! 同僚・大谷翔平に賛辞を贈る「彼が毎日やっていることを見ていて楽しい」

トラウトがリーグMVP論争に独自見解! 同僚・大谷翔平に賛辞を贈る「彼が毎日やっていることを見ていて楽しい」

エンジェルスに欠かせない両雄、大谷翔平(左)とマイク・トラウト(右)。(C)Getty Images

 果たして今季のアメリカン・リーグMVPに輝くのは、どちらになるのだろうか。大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)、アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)による白熱の賞レースをめぐり、選手間からもさまざまな意見が飛び交っている。

 まず、今季も投打で奮闘中の大谷は、投手として15勝、防御率2.35、213奪三振と躍動し、打者としても打率.273、34本塁打、OPS.877とハイスタッツをマーク。対するジャッジも、62本塁打でロジャー・マリス氏のア・リーグ歴代最多本塁打記録(61本)を更新しており、歴史的な一騎打ちとなっていることは間違いない。

 そんな両雄の活躍を受けて現地時間10月4日、MVP3度のマイク・トラウト(エンジェルス)は、敵地オークランド・アスレティックス戦前の取材に応じ、同僚の大谷について、「昨年の活躍によって、多くの人が今季を見過ごしている」と指摘。エンジェルスの地元紙『Orange County Register』が報じている。
 

 また、「多くの人に聞いてみたが、もし今季のようなシーズンを初めて送り、昨季の活躍がなければ、彼はMVPを受賞するだろう」と続けると、「僕もジャッジが大好きだから、彼からは何も取り上げられない」と言及。「彼が毎日やっていることは、見ていて楽しいし、そんな歴史の一部になれて楽しい」と話した。

 さらに、シーズン中にも新しい球種をレパートリーに加えていく投手・大谷の進化には、「外野でその一端を担い、彼が投げる球を見られるのは本当に楽しい」とコメント。「毎日、新しい球種に取り組んでいるようだ」と印象を語り、とりわけジャイロや縦変化のスライダーに関しては、「不公平だよ」と絶賛の言葉を送っている。

 なお、その後行なわれた試合に大谷は、「3番・DH」でスタメン出場し、4打数無安打。連続試合安打は「18」でストップした。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平、右腕死球に「ウオッ!」と悲鳴。観客騒然も塁上で“笑顔”を見せる!4タコで連続試合安打は「18」でストップ

【関連記事】「オオタニに与えないのはどうなんだ?」MLB現役右腕が大谷翔平のMVPに熱弁! 「正気の沙汰とは思えない」と持論

【関連記事】米記者がリーグMVPにジャッジを予想!一方で『ショウヘイ・オオタニ賞』設立を提案「地球上で彼みたいにできる人間はいない」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?