「敗戦の責任は僕にある」延長戦でエ軍痛恨の“ビッグエラー連発”にモニアック&サイスが猛省!「ちゃんと踏んだつもりが…」

「敗戦の責任は僕にある」延長戦でエ軍痛恨の“ビッグエラー連発”にモニアック&サイスが猛省!「ちゃんと踏んだつもりが…」

痛恨のエラーを犯してしまったモニアック(右)とサイス(左)。次戦以降の巻き返しに期待だ。(C)Getty Images

現地5月27日、ロサンゼルス・エンジェルスは本拠地でマイアミ・マーリンズと対戦。「3番・DH兼投手」で先発した大谷翔平は、6回を投げて2失点10奪三振と奮闘するも勝敗はつかず。チームは一進一退の攻防戦の末、延長10回表に手痛いふたつのビッグエラーが絡んで4失点を喫し、5対8で敗れ去った。

 スコアが4対4、1死一、二塁だった。エンジェルスの3番手右腕ハイメ・バリアが相手打者ギャレット・クーパーをレフトフライに打ち取ったと思われたが、なんとこれを左翼のミックー・モニアックがグラブからボールを漏らす大失態。1点を勝ち越され、さらに1死満塁の状況に持ち込まれる。

 すると今度はマット・サイスがまさかのミスを犯す。相手打者をピッチャーゴロに打ち取ったバリアがサイスにトスし、素早く一塁にボールを送って見事な併殺に仕留めた。チェンジと確信してダグアウトに引き上げる選手たちに、マーリンズのベンチから無情のビデオレビュー要求。ここでサイスがホームベースを踏んでいなかった事実が判明し、マーリンズに1点が加えられた。ハメスは直後に2点タイムリーを浴びて、結局この回だけで4失点。チームは10回裏に1点を返すのが精いっぱいで、マーリンズに連敗を喫したのだ。

 米メディアやファンは両選手の緩慢なプレーを糾弾。地元紙『Los Angels Times』が試合後のふたりのコメントを紹介している。

 メジャー昇格から攻守に快進撃を続けてきたモニアックは、さすがに意気消沈。「試合を台無しにするプレーだった。10回中9回は問題なく捕れる球だったのに、延長戦の10回であんなミスをするなんて……」と肩を落とし、「あそこからいくつか失点して、チームは敗れてしまった。敗戦の責任は僕にある」とみずからを責めた。
  かたやサイスも沈痛な面持ちで取材エリアに現われた。「取り返しのつかないミスだ。しっかりベースを踏んでボールを迎えたつもりだったけど、少し身体を前に押し出したほうが早く捕れると思い、そこでベースから足が外れてしまった。ちゃんと踏んだつもりだったのだが……」と焦燥に駆られていたことを認めた。

 これでエンジェルスの通算成績は28勝25敗で貯金は「3」。ア・リーグ西地区3位を維持したものの、1位のテキサス・レンジャースと6ゲーム差、2位のヒューストン・アストロズとは3ゲーム差に広がった。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】延長10回表、モニアック&サイスがまさかの痛恨ビッグエラー

【画像】日々更新! 大谷翔平が2023シーズンで魅せる喜怒哀楽の厳選ショット集!

【画像】WBCでも躍動!台湾プロ野球を沸かせる超人気チア、リン・シャンの悩殺ショットを一挙公開!

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?