「嘘だと言ってよ!」佐々木朗希の“戦線離脱”にファン動揺! 左内腹斜筋損傷で登録抹消!「勘弁してください」

「嘘だと言ってよ!」佐々木朗希の“戦線離脱”にファン動揺! 左内腹斜筋損傷で登録抹消!「勘弁してください」

25日、左内腹斜筋損傷と発表された佐々木朗希。写真:鈴木颯太朗

7月25日、佐々木朗希(ロッテ)が出場選手登録を抹消された。

 佐々木は前日のソフトバンク戦で6回(93球)を投げ、被安打4、9奪三振、1失点と好投していた。登板後、左脇腹に違和感を覚えたようで、「千葉県内の病院での診断の結果、左内腹斜筋損傷と診断されました」と球団広報は25日、発表している。
  今年3月にはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一に輝いた最強右腕の突然の戦線離脱に「まじか、、、身体全部使って投げてる感じだもんな」「流石に泣いた」「どれくらいで戻れるのか…」「勘弁してください」「ここにきてエースが離脱か」「嘘だと言ってよ、朗希」などと動揺するファンが多いようだ。

 24日の試合では160キロ超えは1球のみだった21歳。そんな彼が再びマウンドで160キロ超えを連発する日を気長に待ちたいものだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】首位ターンの阪神は「A」、まさかの下位低迷に苦しむヤクルトは「D」。2位に浮上した広島は...【セ6球団前半戦通信簿】

【関連記事】攻守両面で充実の首位オリックスは「A」評価。松井稼頭央新監督率いる西武は若手が伸び悩み【パ6球団前半戦通信簿】

【関連記事】一世を風靡した1988年生まれ“最強世代”の今。――田中将大ら投手は苦戦も、柳田悠岐、宮﨑敏郎らはチームの原動力に!
 

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?