【氏原英明のドラフト採点:セ・リーグ編】リーグ優勝の阪神はドラフトでも成功。渡会を狙った中日、DeNA両球団の評価は……?<SLUGGER>

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 阪神が下村海翔を1位指名し投手戦略が見事な成果を残した。
  • 常広を1位で指名した広島は投手中心の指名で強化を図った。西館昂太を高評価したヤクルトも投手戦略だ。
  • 巨人は新監督ながら高校生ゼロと意外な指名だった一方、度会を1位で獲得したDeNAの戦略は評価された。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

【氏原英明のドラフト採点:セ・リーグ編】リーグ優勝の阪神はドラフトでも成功。渡会を狙った中日、DeNA両球団の評価は……?<SLUGGER>

事前に公表した通り常広(左)を引き当てた広島。だが、渡会(右)を当てたDeNA、外した中日それぞれの評価は……? 写真:THE DIGEST写真部

10月26日に行われた2023年ドラフトは、ここ数年では最も難しかっただろう。

 投手は1巡目まではそれなりの人材がいたが、野手は特に限られていた。チームの補強ポイントがくっきりと見えていても、そこを埋めるだけの人材は果たしているのか。果たしてどこを重視するのか、その難しさがあった。
 
 世間で騒がれるほどの「豊作」とは程遠いのが現状で、各球団のドラフト戦略が上手か下手かがはっきり分かれたように思う。今ドラフトの通信簿はその観点から評価していきたい。今回はセ・リーグを見ていこう。

【2023ドラフト候補ランキング最終版|1~10位】東洋大・細野、青山学院大・常広、国学院大・武内...1位は果たして<SLUGGER>

●阪神:A 

 オリックスと並んで、一本釣りに成功した。先発もリリーフもできる下村海翔(青山学院大)の1位指名は、戦略勝ちと言ってもいいかもしれない。

 今年の大学生は確かに、好投手が揃っていた。しかしその一方で、「この投手じゃないといけない」と言うほどの圧倒的なタイプはいない。変に重複に挑むよりは、一本釣りを狙う方が得策と考えたのだろう。見事な戦略勝ちだ。

 2位以降も、リリーフができそうなタイプを選んでいる。今季は岩崎優に頼りきり。来季以降は湯浅克己が復帰してくるにしても、まだまだ厚みが必要というチーム事情を反映しているのだろう。

 一方、3、4位は高校生遊撃手を続けて指名。それほど穴のあるポジションではないが、今後の成長次第でさまざまなポジションを任せることも視野に入れているのだろろう。まずはポテンシャルで選んだ印象だ。

 欲を言えば高校生投手も狙いたかったところだが、昨年のドラフトが高校生メインだっただけに、今年は戦略重視で見事勝ち組になった。
 ●広島:B

 大学No.1投手の常広羽也斗(青山学院大)の指名を早々に公表して交渉権を獲得。執念のようなものを感じた。

 大瀬良大地や九里亜蓮、床田寛樹、森下暢仁らは安定しているが、その後に続く先発投手が不安定なのを考慮しての指名だろう。軸になる投手を獲得できたのは大きい。

 その後も投手メインの指名を続けたのは、今ドラフトの特徴をしっかりと理解した上で、「投手力の厚みを増すこと」にポイントを絞ったからだろう。比較的リリーフ陣は安定しているが、先発も中継ぎもできそうな高太一(大商大)を2位で指名。スケール感のある滝田一希(道都大)の交渉権も獲得した。さらに5位では、2019年の甲子園で彗星のごとく現れた赤塚健利(中京学院大)を、その後4年間の成長を確かめるように指名した。

 唯一の野手である4位の仲田侑仁(沖縄尚学高)は、意外な人選だった。一塁しか守れないタイプのスラッガーを選んだのは広島らしくない。ただ、次世代の野手は左打者が多くを占めていて、バランスを考える意味でも右の強打者が必要だったのは間違いない。
 ●ヤクルト:B

 投手陣が崩壊してリーグ3連覇を逃したヤクルト。野手陣にも課題はあるが、やはりまずは投手陣からの立て直しを図るようだ。

 1位指名で武内夏暉(国学院大)を抽選で外したものの、実力者の西館昂汰(専修大)の交渉権を獲得した。2位の松本健吾(トヨタ自動車)、3位の石原勇輝(明治大)は実践派のピッチャーで、先発も中継ぎも両面こなせる持ち味がある。

 野手は捕手と内野手を指名。高校トップクラスと評価の高い鈴木叶(常葉菊川高)は強肩が売り。実力は申し分ないものの、内山壮真との兼ね合いをどうするのか。内山をこのまま外野にするのかもしれないが、どういう意味での指名かは気になる。5位の伊藤琉偉(新潟アルビレックス)は山田哲人の後釜に据えたいのだろうか。長岡秀樹とは同世代になる。
 ●DeNA:C

 1位指名で、抽選の末に度会隆輝(ENEOS)を獲得した。

 地元、横浜高校出身のスター選手を射止めた意義は大きい。今後のチームを引っ張ってくれるはずで、三浦大輔監督は大仕事をしたと言っていい。

 ただ、今永昇太のメジャー挑戦が確実視され、バウアーや石田健大の去就も定かではない中で、投手指名が少なかった印象もある。

 2位の松本凌大(名城大)は申し分ない。中継ぎも務められるであろうサイドハンド右腕だ。しかし、3位の武田陸玖(山形中央高)は投手で指名しているが、野手の方が大成するとの見方も強い。さらに6位の井上 絢登(徳島インディゴソックス)も左のスラッガーだ。偏りも生まれかねないし、これで筒香嘉智(元ジャイアンツ)が復帰したらと思うと、かなりやりくりが大変だ。投手層の充実をもう少し考えて良かったという印象だ。
 ●中日:D

 今季は何かと話題をさらう中日は、ドラフトもまたひと騒ぎだった。

 1位指名を度会と公表したのは裏目に出たのではないか。かえってDeNAやロッテの思いきりを誘発した感はある。ましてや、それで外したのだから痛い。

 外れ1位で草加勝(亜細亜大)を獲得できたのは良かったが、2位で津田啓史(三菱重工East)、3位で辻本倫太郎(仙台大)と続けて遊撃手を指名した。昨年も二遊間を3名獲得しており、いくら京田陽太や阿部寿樹を放出、根尾昂を投手へ転向させたとはいえ、正遊撃手の龍空はまだ21歳。その近辺の選手ばかりを揃えるのはいかがなものか。

 2年前にも外野手をまとめて指名することがあったが、補強ポイントとなると冷静に市場を見れないのは大きな損失だ。戦略をもう少し考えた方がいいかもしれない。
 ●巨人:D

 阿部慎之助新監督を迎えての、初のドラフトとなる。計画的なチーム作りを根底にした指名を期待したが、高校生ゼロには愕然とした。1位で抽選の末に西舘勇陽(中央大)を獲得できたのは良かったが、新監督の今後数年を意識したようなドラフトではなかった。

 2位で左腕・森田駿哉(HONDA鈴鹿)、3位では佐々木俊輔(日立製作所)4位で泉口友汰(NTT西日本)又木鉄平(日本生命)と立て続けに社会人を指名した。

 確かに坂本勇人のプレーに陰りが見え、丸佳浩、梶谷隆幸など野手は高齢化している。岡本和真にはメジャー挑戦の噂もある。野手の補強をしたいところだが、一方で、阿部監督を迎えたばかりなのだ。目先ばかりを見ていて、ビジョンが描けるのか疑問に残った。


文●氏原英明

【著者プロフィール】うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『SLUGGER』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。ライターの傍ら、音声アプリ「Voicy」のパーソナリティーを務め、YouTubeチャンネルも開設。このほど、パ・リーグ特化のWEBマガジン「PLジャーナル限界突パ」を創刊した。

【2023ドラフト候補ランキング最終版|11~20位】大学球界No.1捕手の上武大・進藤、桐蔭横浜大・古謝などドラ1候補が続々登場<SLUGGER>

【2023ドラフト候補ランキング最終版|21~30位】山梨学院大・宮崎、仙台大・辻本など大学球界で活躍する注目野手の順位は<SLUGGER>

【2023ドラフト候補ランキング最終版|31~40位】独立リーグに現れた豪腕に加え、明大が誇る不動のエース・村田もランクイン<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?