「大谷翔平が阪神に負けた」侍Jを世界一に導いた名言『憧れるのをやめましょう』が流行語大賞“トップ10外”に疑問の声止まず

大谷翔平の名言「憧れるのをやめましょう」は流行語大賞トップ10外に 疑問の声相次ぐ

記事まとめ

  • ユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞は「アレ(A.R.E)」となった
  • 大谷翔平がWBCで発した名言「憧れるのをやめましょう」はトップ10にも入らず
  • 「正直、アレより知名度あったと思う」「授賞式にいないから?」と疑問の声があがった

「大谷翔平が阪神に負けた」侍Jを世界一に導いた名言『憧れるのをやめましょう』が流行語大賞“トップ10外”に疑問の声止まず

「大谷翔平が阪神に負けた」侍Jを世界一に導いた名言『憧れるのをやめましょう』が流行語大賞“トップ10外”に疑問の声止まず

侍Jで世界一に貢献した大谷(中央)。試合前の印象的な言葉が流行語ランク外に疑問の声が漏れている。(C)Getty Images

今春、日本列島を歓喜の渦に巻き込んだワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。試合前の円陣で偉才が届けた名言が、「ランク外」になったことに疑問の声が漏れている。

 12月1日、2023年度のユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞とトップ10が発表され、大賞には「アレ(A.R.E)」が選出された。プロ野球・阪神タイガースの岡田彰布監督が「優勝」の隠語として使用した今季のチームスローガンが、年間大賞に輝いた。

 年末恒例の今年の流行語。その結果に異論はないだろう。今シーズン、圧倒的な強さで首位を独走し、18年ぶりにセ・リーグを制した阪神。日本シリーズではオリックスとの激闘を4勝3敗で制し、38年ぶりの日本一。日本全国の虎党は狂喜乱舞し、阪神フィーバーは大きな注目を浴びた。

 年間大賞の「アレ」以外にもトップ10には、侍ジャパンの世界一に貢献したラーズ・ヌートバー(セントルイス・カーディナルス)の「ペッパーミル・パフォーマンス」が選出。WBC関連のワードが選ばれた一方で、ノミネート30語に入っていた大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の「憧れるのをやめましょう」は選出されなかった。

 最強アメリカと雌雄を決する直前のロッカールーム。米球界でMVPを獲得した男が、チームメイトに呼びかけた「憧れるのをやめましょう」という言葉はチームの士気を高め、14年ぶりの優勝につながった。加えて、侍ジャパンの雄姿を追った完全密着ドキュメンタリー映画『憧れを超えた侍たち 世界一への記録』は、この大谷の名言からタイトルが取られたのは周知の事実だ。
  しかし、今回発表されたトップ10の中にスーパースターの名言はなかった。この結果にSNS上では疑問の声が挙がり、様々な考察が展開。一夜明けても、野球ファンの話題をさらっている。

「トップ10にも入ってないのは、おかしくない?」
「正直、アレより知名度あったと思う」
「野球から選ぶなら、せめてペッパーミルとセットにしてあげて」
「大谷が阪神に負けてしまったのはびっくりやわ」
「大谷さんがアレに負けるなんてアレなんだろうな」
「授賞式にいないから? それが選考理由なら謎なんだけど」

 グラウンド内外で話題を提供する大谷。自身の去就も来週には佳境を迎えるなか、その一挙手一投足に注目は尽きない。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】大谷翔平「憧れるのをやめましょう」が誕生した瞬間!
【関連記事】「あまりにも致命的なものだった!」韓国メディアが“不可解な判定”に抗議!日本代表にまさかの逆転負け「試合の流れをひっくり返した」【アジアCS】
 
【関連記事】身長173cmのモデル級スタイル!来日した“台湾人気チア”サミーが日本のファンに感謝「この土地の温もりが好き」
 

関連記事(外部サイト)

  • 16

    大リーグが遠い存在だった昔ならともかく、プロが言う言葉じゃない。 何故、これが名言なのか分からない。 単に大谷の個人的な昔からの憧れです。 でなければ大谷は自ら自分が憧れられる存在だと言ってるようなもの。 何でもかんでも「名言」だの「神」だの安っぽくなったね。

  • 15

    何人もの人が言ってるけど 流行語と印象に残った言葉をはき違えていると思う。 「そんなの関係ねー」みたいに子供の世界でも使われる言葉が 流行語でしょ? 「憧れるのをやめましょう」なんて 使ってる人みたことないよ。

  • 14

    ぞうぜいくそめがねが入っていない時点でランキングの価値なし 審査員の顔ぶれが化石

すべてのコメントを読む