「大バーゲンになる」佐々木朗希のポスティング要請に米メディアも驚き!! 球団専門サイト「オオタニと同じ契約条項があるかも」と持論も

千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希が今オフでのポスティングによるメジャー移籍を要望

記事まとめ

  • ロッテ・佐々木朗希が今オフでのポスティングによる米移籍を要望したと報じられた
  • 米メディアは、ポスティングとなった場合はカージナルスが獲得に動くと見通している
  • しかし、佐々木は現在22歳のため、契約できる金額に制限があるという

「大バーゲンになる」佐々木朗希のポスティング要請に米メディアも驚き!! 球団専門サイト「オオタニと同じ契約条項があるかも」と持論も

「大バーゲンになる」佐々木朗希のポスティング要請に米メディアも驚き!! 球団専門サイト「オオタニと同じ契約条項があるかも」と持論も

メジャー挑戦を表明した佐々木。球団はどのような対応を見せるだろうか。写真:THE DIGEST写真部

千葉ロッテマリーンズ佐々木朗希が12月10日、今オフでのポスティングによるメジャー移籍を要望していると報じられている。今季でNPBキャリア4年目、22歳の突然の意思表示には、国内はもちろん、米国メディアでも驚きの反応を見せている。

 FA市場でさまざまな動きを見せているメジャーのオフシーズン、日本の若き右腕のニュースをセントルイス・カージナルス専門メディア『Redbird Rants』も早速取り上げている。現地時間12月9日の同サイトでは、「ロウキ・ササキの突然のポスティング要請がカージナルスのオフシーズンを一変させるかもしれない」と銘打ったトピックを配信した。

【画像】“令和の怪物”、佐々木朗希を特集! その中では佐々木を「Reiwa Era(令和時代)の怪物」と称し、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)出場や昨年の完全試合達成の実績なども紹介しながら「才能は、私たちがこれまで日本人の投手で見てきたものを上回っている」と評価。さらに、「世界最高の投手になる可能性がある」と続け、ポスティングとなった場合はカージナルスも獲得に動くと見通している。

 だが現在22歳であり、マイナー契約が前提となるなどの条件面とともに、大谷翔平(ロサンゼルス・ドジャース)がメジャーへ渡った際のパターンを例に挙げ「ササキを獲得するのは、入札競争に勝つほど簡単ではない。ショウヘイ・オオタニと同じように、契約できる金額には制限がある」と指摘する。

 また「彼は475万ドルしか稼げず、新人プロスペクトとして扱われる。もちろん、それは大バーゲンであり、どの球団もそれだけの金額を提示するだろうから、ササキが契約する球団は、オオタニと同じように本人の興味次第で決まるだろう」と見解を示す。その上で「マリーンズがササキをそのままポスティングする可能性は極めて低い」と予想している。

 だがその一方では「ササキの契約には、オオタニの(北海道日本ハム)ファイターズとの契約のように、いつでも好きなときにメジャーリーグに移籍できる条項があるかもしれない。そうなれば、2024年のオフシーズンはさらに面白くなる」と見通しながら、「今、ササキがMLBに移籍すれば、どのチームにとっても手頃な値段になるだろうから、カージナルスはセントルイスで契約するよう彼を説得するだけでいい」と獲得への意思を強調した。

 もちろん、カージナルスのみならず他のMLB球団も若き「怪物」の動向を注視することは間違いないだろう。申請期限が日本時間12月15日と迫るなか、果たして千葉ロッテはどのような判断を下すのだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】佐々木朗希がプロ野球最速165キロを計測したピッチングをチェック! 
【関連記事】「野球界にとって素晴らしい日」に米ファン賛否両論! 大谷翔平マニア&地元記者がドジャース移籍を祝福も、超高額契約に猛烈な批判も
【関連記事】「えげつない数字!」「目ん玉が飛び出たわ」FAの大谷翔平がドジャース移籍を表明!10年総額1000億円超えに早朝の日本列島が激震!

関連記事(外部サイト)

  • 4

    まだスタミナ面で不安があるが、本人は何か手応えを掴んだのかな。 彼の現状を見ると、もう数年伸ばした方が良い様な…。

  • 3

    ん-、応援しているけど、最近の佐々木選手には不安しかない。体力、ケガ・・・佐々木選手なりに体を作ってはいるのだろうけど、他の選手の様に鍛えてきているなあ・・・といった感じもしない。なにより一試合を任せられる安心感が無い。今のままでは、「速球が投げられるだけの投手」になってしまうのでは?

  • 2

    特別ルールで球団にメリットがあるなら可能性もあるが、現状では何もメッリトが無いので無理 素人にも思える発言

すべてのコメントを読む