「オファーはドジャースと同じ水準だった」大谷翔平を獲り逃したブルージェイズ地元メディアが落胆「悲痛な空振り三振だ」

ブルージェイズは大谷翔平を獲得できず 地元メディア「悲痛な空振り三振だ」と落胆

記事まとめ

  • 大谷翔平を獲り逃したブルージェイズの地元メディアが落胆している
  • スポーツメディア『Sportsnet』は「悲痛な空振り三振だ」と報じた
  • 「ブルージェイズはファイナリストであり、おそらく準優勝」とも

「オファーはドジャースと同じ水準だった」大谷翔平を獲り逃したブルージェイズ地元メディアが落胆「悲痛な空振り三振だ」

「オファーはドジャースと同じ水準だった」大谷翔平を獲り逃したブルージェイズ地元メディアが落胆「悲痛な空振り三振だ」

一時はブルージェイズと契約すると報じられた大谷は、最終的にドジャース行きを決断した。(C)Getty Images

カナダのスポーツメディア『Sportsnet』が「悲痛な空振り三振だ」と落胆した。トロントを本拠地とするブルージェイズ大谷翔平の獲得に乗り出しながらも、最終的には契約できなかったためだ。

【PHOTO】日々輝く大谷翔平が魅せる喜怒哀楽の厳選ショット!(Part2)

 一時はブルージェイズとの契約が間近とも伝えられ、12月8日には南カリフォルニアからトロントに向けてプライベートジェット機が飛んだ。これに大谷が搭乗しているのではとの憶測が流れたが、この時、大谷はカリフォルニアの自宅にいたという。

 同メディアは一喜一憂した一連の出来事を「オオタニがトロントを選んでくれると期待していた多くのファンにとって、週末は大喜びのフライト追跡で始まり、不満と陰謀論で終わった」と振り返った。

 ブルージェイズと大谷の交渉については、「詳細は本人しか答えられないだろうが、ある情報筋によると、ブルージェイズのオファーは非常に競争力の高いもので、ドジャースと同じ水準にあった」という。
  また、「ブルージェイズはオオタニに真剣で、最終候補に残る理由もあった。つまりブルージェイズはファイナリストであり、おそらく準優勝だった」とも報道した。

「歴史的な才能を有する“全盛期の”オオタニを獲得できていれば、チームにとって大きな変革となったはず。しかしもう、オオタニがトロントにもたらしたであろう興奮を再現することはできない」として、ファンに「別の道を模索する時だ」と前を向くよう呼び掛けた。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】大谷翔平を巡る歴史的な争奪戦を制したドジャース「決め手は“最後のオファー”だった」と専門メディア指摘

【関連記事】大谷翔平の移籍決定でついに今オフの市場が動き出す「次に決まる大物5人の移籍先」を米紙予想「山本由伸はメッツ」

【関連記事】10年約1014億円は安い買い物!? 英紙が“大谷翔平フィーバー”を『投資』と独自分析!「ドジャースは莫大な見返り」と指摘!

関連記事(外部サイト)

  • 3

    欲望っておそろしいですね。アメリカは特に。俺なんて、1万円貰っても大谷家に、いらねえけどなぁ。でかいし。飯食いそうだし、ブンブン夜もばっとふりまわしてそうだもんなぁ…適材適所とはこのことか

  • 2

    トロントはUSAじゃないからな

  • 1

    逃したといっても大谷からすれば鼻から眼中にないでしょ。 北部には行かないよ。

すべてのコメントを読む