菅野智之は復活するか。日本シリーズ敗退後に語った「今までが上手くいきすぎていた」の真意とは

菅野智之は復活するか。日本シリーズ敗退後に語った「今までが上手くいきすぎていた」の真意とは

今季の巨人の最後の試合に立ち、敗戦した菅野。試合後、彼が口にした言葉はさまざまな思いが詰まっていた。写真:山崎賢人(THE DIGEST写真部)

今季のセ・リーグ投手三冠の山口俊(巨人)のメジャー移籍を報じるニュースを見たとき、多くの人間があの男の心情を慮ったに違いない。

 巨人のエースとして君臨しながら、2019年シーズンは不調に陥り、自身もまたメジャー志望を持つ、菅野智之である。

 今季の菅野のスタッツを振り返ると、決して悪い数字ではない。初めて規定投球回に届かなかったとはいえ、22試合に投げて11勝6敗。防御率3.89。過去5年連続で防御率2.40以内に抑えていた菅野からすれば、らしくない数字であるのは間違いないが、それでもしっかり貯金を作っているは見事と言えるだろう。

 しかし、怪我による登録抹消が3度もあり、自責点4以上が7試合。いつもの輝きは見られなかった。年間を通して、持病である腰の状態が芳しくなかったのが原因だ。

 そんな今季の菅野を象徴していたのが、日本シリーズ第4戦だった。ソフトバンクに日本一を決められ、彼に黒星がついた試合である。
  背水の陣で迎えた舞台だった。

 9月4日の中日戦で腰痛が再発し、15日の阪神戦で復帰するも、状態は上がらなかった。シーズン終盤とC Sの登板を回避して、日本シリーズは開幕3連敗してからの出番だった。

 立ち上がりは好調時に近いピッチングだった。ストレートを軸にしながら、変化球を散りばめて打者を打ち取っていく。3回を1安打無失点に抑えるピッチングは上質なものだった。

 しかし4回、痛恨の一発を浴びる。走者を二人置いたところで、グラシアルを迎えると、簡単に追い込みながらも最後はアウトコースのスライダーがやや浮いたところを捉えられた。相手に試合の主導権を明け渡す痛恨の3点本塁打だった。

 この対決は、投手対打者の駆け引きを垣間見た珠玉の名勝負だったが、結果から言えば、菅野が根負けした。

 捕手の小林誠司がこう回想している。

「(グラシアルは)変化球を意識してタイミングをとっていたのが分かったので、ストレートでしっかり追い込めた。そうしてこっちの有利なカウントまで持ってきていたんですけど、まとめの部分で攻めきれなかったですね」

 変化球待ちの相手に対して、ストレートで追い込む。バッテリーは理想的な形に持っていきながら、最後は変化球勝負を選んだが、スライダーがやや膨らんだ分、それを見逃してもらえなかったのだ。

 5回以降は立ち直り、味方の援護を待つ粘りのピッチングは見事だったが、7回にエラーがらみで失点し、菅野はマウンドを下りた。

 そして、チームも最後まで跳ね返すことができず、試合もそのまま敗れた。
 
 いわば、グラシアルへの「1球」が命取りになった。

 3連敗と王手をかけられた中で、菅野に土がついたことは完全敗北を意味し、チームにとっても、本人にとっても受け入れがたい結果だったに違いない。

 ただ、試合後の菅野を追いかけてみると、サバサバとした表情で、自身の1年間を見つめていたのが印象的だった。
 「今日の敗戦が来季につながるか」と記者陣から質問を受けると、菅野は被りを振ってこう答えたのだった。

「最後に登板機会を与えてくれたチームメイト、監督とコーチの期待に応えたかったですけど、でも、自分の中では今日の試合だけではなく、今シーズンは悔しいことばっかりだった。今までが順調にいきすぎていていたのかなと思います。ただ、そこに甘んじているわけではないんですけど、どうにもできない悔しさがあったんで、自分の力に変えられるシーズンになったと思います」

 なんとか舞台に立つことはできたが、これまでのように支配的なピッチングというところまではたどり着けなかった。腰痛から始まった今季は、トップパフォーマンスを出す難しさを感じたに違いない。

「ファームで過ごす時間があって、そこで得られたことはあります。でも、それをプラスに思っているようじゃダメだし、もう一度、自分を見つめ直して、レベルを上げるところはところはあげて、いい状態で来季に臨みたいです」
  悔しさの中で見せた来季への決意からは、彼の真摯な野球への姿勢を感じた。連日、菅野に張り付いている立場ではないが、幾度かの試合取材を通して彼から感じるのは、自身の球界での立ち位置を深く理解しているということだ。

 巨人のエースであり、球界を代表する投手であること、そして、原辰徳監督の甥であるということ。望んだもの、そうでないものも含めた自身の立ち位置を自覚しての取材対応には、背負っている人間が醸し出す強さを感じる。もちろん、どんな日も上機嫌というわけにはいかないだろうが、そういった姿勢から菅野の野球への、仕事への真摯な向き合い方を感じずにはいられないのだ。

「これまでが上手くいきすぎていた」

 悔しい敗戦直後にそう簡単に言える言葉ではないと思うが、この一言に、彼の野球人としての姿勢が凝縮されている。

 今季、菅野に変わって大活躍をした山口がポスティングシステムを利用して海を渡った。

 制度上、立場上、本音が言えないというのが彼の置かれた状況でもある。

 そんな中で迎える、五輪イヤーでもある2020年。
 菅野にとって、野球人生を大きく揺るがす1年になるのは間違いない。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。
 

関連記事(外部サイト)