<2019ベストヒット!>奥川恭伸は「マエケン?」現役スカウトが語る本当の評価

<2019ベストヒット!>奥川恭伸は「マエケン?」現役スカウトが語る本当の評価

高校生離れした完成度を誇る奥川。中日の名スカウトは、その将来像を前田健太になぞらえた。 写真:徳原隆元、Getty Images

2019年の名珍場面を『THE DIGEST』のヒット記事で振り返るこの企画。今回お届けするのは、ドラフト1位でヤクルトに指名された奥川恭伸のポテンシャルについてのレポートだ。果たして、現役のスカウトは高卒No.1投手をどうみていたのか?
記事初掲載:2019年10月15日

    ◆    ◆    ◆

 並び立つ巨星・奥川恭伸(星稜高)と佐々木朗希(大船渡高)。17日に迫った今年のドラフト会議で、スポットライトを浴びるであろう高校No.1ピッチャーのふたりだ。

「完成度の奥川」、「潜在能力の佐々木」というのが彼らに対する一般的な評価だが、果たして、真の実力はどれほどのレベルにあるのだろうか。

 スカウト歴19年、中日ドラゴンズの関西担当スカウトとして、大島洋平、平田良介、大野雄大ら現在の主力選手の獲得に尽力。現在はチーフスカウトを務める米村明氏の証言をもとに、彼らの実力を解き明かしていこうと思う。

 まずは奥川についてだ。
 奥川はこの夏の甲子園で星陵を準優勝に輝いた。最速154kmのストレートを武器に、カーブ、スライダー、カットボール、スプリットなど多彩な変化球を操る。コマンド能力にも優れる本格派右腕だ。

「制球力、球威、勝つことに関してのハートの強さなど総合力ではNo.1。今年の高校生の中で一番早くプロで活躍できる素材であると思うね」

 そう語る米村氏が奥川に最も惹かれているところがある。
 「アウトコース低めに、きちっとコントロールしたボールを投げることができる。しかも、キレのあるボールをだ。すべてのボールをアウトローに制球力高くきっちり投げる完成度の高さが、彼の持ち味だと思う」

 この夏の甲子園でも、そして、その後に韓国で開催されたUー18W杯でも、際立ったのはアウトコース低めに出し入れするストレートとスライダーだった。メジャー候補生たちすらバットが空を切り続け、文字通り牛耳った。カナダ戦では7回18奪三振の圧巻の投球だった。

 そんな奥川に対して「田中将大(ヤンキース)のようだ」といったのは、元楽天の捕手で、現在は智弁和歌山高の監督・中谷仁だ。だが、奥川が誰に近いスタイルでどんな将来像を持っているのかは、意見が分かれるところでもある。本人は「菅野智之さん(巨人)のような投手が理想」と語っているものの、果たしてスカウトの目にはどう映っているのだろうか。

「前田健太(ドジャース)やね。空振りを取れるところ、コントロールの良さなど似ている部分が多い。W杯のカナダ戦では、メジャーのドラフトで指名された選手から空振りを取っていたでしょう。空振りを取れる確率の高い投手。彼の投げる球は全てが一級品だからね。

 先ほどの話にもつながるけど、3ボール0ストライクからアウトローのギリギリに投げられるのが高校時代の前田だった。奥川もそれができる。先発投手はすべての試合で、カウント1−2に追い込んでいける展開を作れるわけではない。投手不利な時に、アウトローにビシッと投げて、セカンドゴロやショートゴロに打ち取るようなボールを投げることができるのが奥川なんです。アウトローにきっちり投げる能力は高い」
  一方で、危惧されているのが将来性だ。「完成度が高い」と称される奥川は、現時点でもかなりの質を有しているだけに、それは一方でこれ以上の伸びしろが期待できない、と言っているようにも聞こえる。

 奥川の最大値はもう見えているのだろうか。

「完成度は高いけど、伸びしもある。すでにその姿を見せていると俺は思うね。彼の努力の成果だと思いますけど、今年の夏の甲子園では春より球威を増してきていた。球威もあり、肝心な球のキレ、どれも落ちないで、154kmをアベレージで残していけるようになった。その時点で、奥川には『もっと伸びしろがあるんじゃないか』と思わせる姿だったよね。彼には上半身の強さを感じるけど、下半身はまだこれから。しっかり鍛えていけば、今後は5〜10kgくらい体重は増すだろうし、そうなればスピードがまだ出てくる。その上でアウトローに投げられますから、無敵でしょう」

 最後に、もし奥川がプロ入りするとしたら、即戦力なのかどうか。また、デビューはいつくらいになるのだろうかという期待値も考察していきたい。
 「うまくいったら、1年目から2桁勝利を挙げられるかもしれない。でも、そうあるべきではない。最低でも5年、最高で10年、2桁勝利ができる能力が彼にはあるわけやから、実際はそうなるように育成しなきゃいけないと思う。

 プロは毎日、厳しいトレーニングをするから疲れてくる。10年以上、先のことを考えると、1年間は大切にやらないといけない。しっかり下半身を使った投球フォームを根付かせるには、最低でもそれくらいはかかるでしょう。そこを怠たると、2、3年の活躍で終わってしまう。もし、現場が1年目から使いたいと言ったとしたら、『ちょっと待ってください』と言うと思います」

 米村氏のこの言葉は、スカウトらしい意見と言えるだろう。
 彼ほどの優れたボールを投げていると「1年目から即戦力」という意見は否応なくでてくる。実際に、「1年目に勝つ」ということだけに力点を絞れば、奥川クラスのポテンシャル、そして、クレバーさを加味すれば、そこそこやれる実力はあるだろう。

 しかし、スカウトが見ていかなければいけないのは、「今」だけの実力ではない。

 将来的にどれほどの可能性があって、チームにどれだけのプラス効果をもたらすか。

 1年で10勝しても、5年後にローテーションからいなくなっていたり、チームの顔になりきれていないようでは、どれだけ敏腕なスカウトがいてもチームは強くなっていかない。

 日本を代表するほどの逸材を獲得したからには、「育てる責任」をそれだけ持たなければいけない。

「最低でも5年は2桁勝利ができる」

 それが奥川の評価なのだから。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。
 

関連記事(外部サイト)