相次ぐ主力流出も問題なし!イースタンの盗塁王・山野辺翔が“山賊打線”の新星候補に名乗り

相次ぐ主力流出も問題なし!イースタンの盗塁王・山野辺翔が“山賊打線”の新星候補に名乗り

辻監督の求める野球において“足”は非常に重要視されている。山野辺はその能力を備えた人材だ。写真:朝日新聞社

2016年岸孝之(楽天)、2017年牧田和久(パドレス/現・楽天)、2018年炭谷銀仁朗(巨人)、浅村栄斗(楽天)、菊池雄星(シアトル・マリナーズ)と、西武ライオンズはここ数年、フリーエージェント(FA)や海外移籍などで主力中の主力がチームを去っている。だが、常にその穴を埋めるべく新鋭が現れ、2018年、19年とパ・リーグ連覇を成し遂げてきた。

 そして、今オフもまた、秋山翔吾が海外FA権を行使し、シンシナティ・レッズへの移籍が決まった。

 シーズン最多安打の日本記録保持者であり、3年連続最多安打のタイトルホルダーがチームを離れるのだから、戦力ダウンは必至と言わざるを得ない。だが、他の選手たちにとっては、「ビッグチャンスの到来」としか言いようがない。不動の中堅手が席を空けてくれたのだ。この千載一遇の機会を射止め、新たにレギュラー入りを果たすのは誰か。大きな見どころとなる。

 その候補として名乗りを上げるのが、2年目となる山野辺翔である。
  三菱自動車岡崎からドラフト3位で入団。社会人時代、『二塁手・打順3番』として活躍していただけに、“ポスト浅村”の筆頭候補と目され、さらに、その2年前に同じくドラフト3位で社会人から入団した源田壮亮が開幕から遊撃レギュラーに定着した前例が直近にあったことからも、多大なる期待を背負ってのキャンプインだった。

 走・攻・守とも定評がある山野辺が、二塁手のレギュラーを争うなかで最も求められたのが守備力だった。しかし、アマチュア時代に培ってきた自らの守備スタイルと、初めて指導を受けるプロでのセオリーとの違いになかなか適応できず、結果として2019年の一軍成績は9試合に終わり、シーズンのほとんどを二軍で過ごすこととなった。

 しかし、本人は決してそのことをマイナスには捉えていない。

「たくさんのことを教わったのですが、なかなか頭と体の動きの一致ができなくて。それを、ファームで各担当コーチの方に整理してもらえたことで、思い切ってやることができるようになりました」

 期待された“1年目からの即戦力”にはなれなかったが、長いスパンで考えれば、「とても貴重な時間でした」と前向きに話している。

 秋季キャンプでは、春キャンプに続き、辻発彦監督から特守などで直接みっちりと指導を受け、足の使い方などを再び学んだ。「春よりは、少しはできるようになったと思います。でも、まだまだな部分が多いので、自主トレなどでしっかりと身につけたい」と、少しずつ進歩も実感できており、このオフ期間での習得に意欲を燃やしている。
  プロ仕様に守備を一からやり直していった一方で、打撃、走塁では着々と持ち味を発揮した。特に自慢の脚力は、プロの盗塁技術を学んだことで着実にスキルアップ。29盗塁を決め、イースタン・リーグの盗塁王に輝いた。

 昨季一軍レギュラー陣の顔ぶれを見ても、盗塁王の金子侑司を筆頭に源田、外崎修汰、木村文紀と、盗塁数のリーグ10傑に4人が名を連ねているように、辻監督の求める野球において、“足”は非常に重要視されている能力である。二軍とはいえ「盗塁王」の称号は、大きなアピールとなることは間違いない。

 また、打撃面でもポテンシャルを示した。最大の魅力は“パンチ力”。一軍では14打数1安打、打率.071に終わったが、ファームでは打率.271、12本塁打と、いずれもチームトップの成績を挙げている。さらに、11月23日(土)から参加した『2019アジアウインターベースボールリーグ(AWB)@台湾』では、出場12試合で打率.389、2本塁打と結果を残した。

 期間中、チームメイトとなった他チームの選手、コーチなどとの交流からも多くの学びを得た。なかでも、チームを率いた藤本博史監督(ソフトバンク三軍監督)からのアドバイスは大きかったという。

「それまでは、常に“最高の結果”だけを求めていました。でも、そうではなくて、例えば走者二塁での打席だとしたら、右方向への打球が求められる。僕の中では一、二塁間のヒットだけを目指していたのですが、藤本監督から『それだと、ファウルになってしまうから、セカンドゴロぐらいを打てばいいんじゃないかな』と言われて、気持ちが少し楽になりました」
  満点回答だけではなく、“最低限の役割”が明確になり、肩の力を抜いて打席に立てるようになったことは、今後にもつながる大きな収穫だ。

 中堅手・秋山が抜けたことで、シンプルに考えればポジションが空くのは外野だが、今季二塁で全試合出場を果たした外崎も、2017年、2018年と外野手としても高いポテンシャルを発揮しており、状況によっては再び外野を守る可能性も考えられる。逆に言えば、背番号「4」の台頭次第で指揮官に選択肢を与えられるということだ。

「僕が(二塁を)『空けさせる』ぐらいの気持ちで頑張りたい」と、山野辺本人もポジション奪取に目を輝かせる。1年目は「いろいろ悩んでいた部分もあったとは思う」とプロの世界への順応の難しさを考慮しつつも、渡辺久信ゼネラルマネージャー(GM)は「本来はしっかりと守れる選手。持ち味である打撃を生かしながら、自信をつけてやっていってほしい」と、揺るぎなき信頼と期待を口にしている。

 端からエリートなど目指していない。歩みは速くなくとも、泥臭く、自ら見て聞いて学び、試して確実に血骨にし、飛躍していくタイプ。公私とも、プロの世界に完全にアジャストした2年目からの本領発揮が楽しみだ。

取材・文●上岡真里江(フリーライター)

かみおかまりえ。大阪生まれ。東京育ち。スポーツ紙データ収集アルバイト、雑誌編集アシスタント経験後、横浜F・マリノス、ジュビロ磐田の公式ライターを経て、2007年より東京ヴェルディに密着。2011年からは、プロ野球・西武ライオンズでも取材。球団発刊『Lions magazine』、『週刊ベースボール』(ベースボール・マガジン社)、『文春野球』(文春オンライン)などで執筆・連載中。
 

関連記事(外部サイト)