震災から25年、オリックスが神戸8試合での「がんばろうKOBE」復刻ユニフォーム着用を発表

震災から25年、オリックスが神戸8試合での「がんばろうKOBE」復刻ユニフォーム着用を発表

オリックスは今季の8試合で、1995年当時の復刻ホームユニフォーム(写真)を着用する。写真:朝日新聞社

阪神・淡路大震災から25年を迎えた1月17日、オリックスは、ほっともっとフィールド神戸で行なわれる全8試合を対象に「THANKS KOBE 〜がんばろうKOBE 25th〜」と題し、監督・コーチ・選手が1995年当時のオリックス・ブルーウェーブの復刻ホームユニフォームを着用することを発表した。

 25年前の1月17日、当時オリックス・ブルーウェーブの本拠地神戸を阪神・淡路大震災が襲った。その年、ブルーウェーブは「がんばろうKOBE」を合言葉に、リーグ優勝を達成。翌年には日本一に輝き、復興のシンボルとなった。
  これを最後に頂点から遠ざかっており、昨季はリーグ最下位。今年は、震災から25年を数えるとともに、球団が神戸に移転してから30年の節目を迎えるシーズンでもある。引き続き神戸市の復興を願い、当時のワッペンの入った復刻ユニフォームで24年振りの優勝を目指す。

 イベントの詳細については、神戸市と共同で企画している段階とのこと。情報は球団の公式HPで追って発表される。

 開催日程は以下のとおり。

■3月28日(土)〜29日(日)対埼玉西武戦
■6月19日(金)〜20日(土)対千葉ロッテ戦
■7月17日(金)〜18日(土)対東北楽天戦
■9月8日(火)〜9日(水)対東北楽天戦

構成●THE DIGEST編集部
 

関連記事(外部サイト)