「僕らは日本語と英語で…」ソフトバンクの“最強助っ人”と堂安律の意外な2ショットに蘭紙も驚き

「僕らは日本語と英語で…」ソフトバンクの“最強助っ人”と堂安律の意外な2ショットに蘭紙も驚き

ともにワールドワイドな活躍を見せるバンデンハーク(左)と堂安(右)が意外な共演を果たした。 (C) Getty Images

野球界とサッカー界の“助っ人”が意外な邂逅を果たした。福岡ソフトバンクホークスのリック・バンデンハークと、エールディビジの強豪PSVに所属する堂安律だ。

 現地時間1月20日、バンデンハークは自身のインスタグラムを更新し、日本代表MFの堂安との2ショットを公開した。

 一体なぜ、“若鷹軍団”の最強助っ人は、オランダで活躍する日本代表MFと出会ったのか? 「意外な共演だ」と紹介したPSVの地元紙『Eindhovens Dagblad』によれば、本拠地のあるアイントホーフェンの生まれであるバンデンハークが、PSVの熱烈なファンであり、愛するチームの助っ人として昨夏から活躍している堂安の下へ、母国に帰国しているオフを利用して、激励に訪れたのだという。

 PSVの練習場で、堂安からサイン入りのユニホームを受け取りながらの2ショット写真を公開したバンデンハークは、日本サッカー界の俊英と対面した感想を次のように綴っている。

「今日、僕はPSVのトレーニング場で、日本人のサッカープレーヤーであるリツ・ドウアンと素晴らしい時間を共有した。僕らは海外でのプレーがもたらす課題について、日本語と英語で話し合った」
  ソフトバンクで2015年からプレーし、“球団史上最強”との呼び声もある剛腕は、堂安との会話の内容についても触れている。

「僕らはそれぞれの考え方や目標、女の子、オランダと日本の好きな料理、自分たちの夢についてテーブルの上で語り合った。それから彼の好きなチームであるジャイアンツと僕ら(ソフトバンク)の去年の日本シリーズのハイライトも一緒に見た。あと、ユニホームにサインをしてくれてありがとうドウアン!」

 地元の愛するチームの“スター”との時間に満足感を示したバンデンハーク。そんな34歳のピッチャーのつぶやきには、「この共演は凄い」「良い友好と良い笑顔」「野球大好き堂安くんだ」とファンも感激のコメントを寄せている。

 スポーツは違えど、同じ助っ人としてワールドワイドな活躍を続ける両雄にとって、今回の邂逅は良い刺激になったようだ。

構成●THE DIGEST編集部
 

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Today I had great time with Japanese soccer player @doanritsu at the training ground of @psv, which is called “de herdgang”. We talked in Japanese and English about the challenges it brings while playing abroad. Topics such as mindset, goals, girls, best Dutch and Japanese foods and our dreams crossed the table. Thank you for the signed Jersey and football Doan?? Together we watched the highlights of the Japan Series 2019 between my team, the champions @softbankhawks_official and Doan’s favorite Japanese baseball team @yomiuri.giants Gambatte Doan with the 2020 season! Thanks to @psv for the tour around the complex. ?? #バンデンハーク #sbhawks #ソフトバンクホークス #堂安律 #vandy44 #psv #doanritsu #mizunobaseball #deherdgang #brainporteindhoven

Rick van den Hurk | リックバンデンハーク(@rick_vdhurk)がシェアした投稿 -

関連記事(外部サイト)