センバツが史上初の中止。高野連が臨時運営委員会で決定

選抜高校野球大会が史上初の中止、高野連が決定 丸山大会会長「苦渋の決断」

記事まとめ

  • 高野連は臨時運営委員会を行い、第92回選抜高校野球大会を中止することを決めた
  • 新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、丸山大会会長いわく「苦渋の決断」に至った形だ
  • 丸山大会会長は「選手たちが安心してプレーできる環境を整備するのは難しい」と説明

センバツが史上初の中止。高野連が臨時運営委員会で決定

センバツが史上初の中止。高野連が臨時運営委員会で決定

高野連が11日、第92回選抜高校野球大会の中止を決めた。写真:朝日新聞社

日本高野連は11日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて臨時運営委員会を行い、19日から開催予定だった第92回選抜高校野球大会を中止することを決めた。選抜大会の中止は、戦中・戦後の中断をのぞけば初だ。
  高野連は4日の臨時理事会で無観客での開催方針を示し、11日の臨時運営委員会で最終的な判断をするとしていた。しかし、9日にプロ野球が開幕の4月延期を決め、10日には安倍首相が大規模イベントの開催自粛を10日程度延長する要請をしていた。高野連も現在の新型コロナウイルス感染拡大を考慮し、「苦渋の決断」(丸山大会会長)に至った形だ。

 18時から開かれた記者会見で、丸山大会会長は「国内の感染者が増え続けている。選手たちが安心してプレーできる環境を整備するのは難しい」と中止に至った理由を説明した。

構成●THE DIGEST編集部
 

関連記事(外部サイト)