話すだけで相手の血液型が分かる!? ダルビッシュの知られざる能力がチームにブームを巻き起こす

話すだけで相手の血液型が分かる!? ダルビッシュの知られざる能力がチームにブームを巻き起こす

日本では一般的な血液型の性格診断が、カブズ内で密かなブームを巻き起こしたという。(C)Getty Images

  シカゴ・カブスの開幕投手最有力候補と目されているダルビッシュ有。100マイルに迫る速球や七色の変化球を操る類まれな野球の能力とは別に、一風変わった能力も持っている。
 
 11日水曜日にリリースされた、スポーツ専門チャンネル『ESPN』の記事によると、ダルビッシュは人と会話し人柄に触れることで、血液型を言い当てることができるそうだ。

「A型の人はマメであり、B型は我が道を行くタイプ。O型はのんびりしていて、AB型は変わっている。」

 彼の分析結果はこのようなものであった。

 ダルビッシュはこの能力をくだけた会話の中でよく用いるらしい。実際、キャンプ中にも、女房役のカラティニとの会話の中で彼の血液型をB型だと述べるシーンがあった。
  日本では、ポピュラーな話題である血液型と性格というテーマ。アメリカでは普段から血液型を知っておく習慣は一般的ではないが、この日本人投手との会話を受けて多くのチームメイトが興味を持ち、知ろうとする「血液型ブーム」が起こったという。
 
 カブスの主力、クリス・ブライアント、アンソニー・リゾーの両選手も両親に問い合わせたが、どちらの両親とも把握していなかったようだ。今のところ、野球の本場はダルビッシュの第二の能力を発揮するのに十分な舞台ではないのかもしれない。

 血液型を把握し、話のネタにする文化のないアメリカで、独自の能力を開花させるダルビッシュ。彼こそ「我が道を行く」存在のように見えるが、血液型はA型である。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】艶やかに球場を彩るMLBの「美女チアリーダーズ」!
 

関連記事(外部サイト)